医療保険を探す

お金が貯まるって本当?貯蓄型保険の仕組みと上手な選び方


  • 保 険
  • share
  • Tweet
  • LINE

お金を貯める手段として、貯蓄型保険を利用する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

保険相談なら『イオンのほけん相談』

一概に個人年金保険といっても、『どの保険を選べばいいかわからない』などの疑問をお持ちではないでしょうか?

個人年金保険でお困りの方はネット上での無料お見積り、もしくはイオンのほけん相談の店舗でお気軽にご相談ください!

 

貯蓄型保険とは

貯蓄型保険とは、保障と貯蓄の2つの性質をもった保険です。
万が一の備えとしての保障はもちろん、満期時には満期保険金、途中解約した時には解約返戻金としてお金を受取ることができ、将来に向け貯蓄もできるという両方の面があります。
たとえば、学資保険や個人年金保険は満期になる時期をライフイベントに合わせて決められ、終身保険には解約返戻金があります。
このような性質をもつ貯蓄型保険を詳しく見ていきます。

1つ目は、保障が一生涯続く終身保険です。
保険料の払込みを一生涯続ける終身払込型と、一定期間内に保険料を払込む有期払込型があります。

貯蓄型の生命保険は、かけ捨て型と異なり保険料が高くなりますが、解約時に解約払戻金を受取ることができるため、保障とともに将来の資金の備えとして考えることもできます。
しかし、早期の解約は解約返戻金が払込保険料を下回るので要注意です。
また、低解約返戻金型終身保険であれば、費用を抑えられます。
低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間の満了前の解約返戻金は通常の70%ほどですが、保険料が安く、また、満了後の解約返戻金の払戻率は上昇します。

2つ目の養老保険は、一定期間内に死亡した時は死亡保険金が、満期まで生存していた時は満期保険金が受取れる保険です。

3つ目の学資保険は、子どもの進学に合わせて、進学祝い金や満期保険金が受取れる保険です。
最初に満期をいつにするかを決められるので、費用のかかる大学進学の年齢に合わせて満期にするなどの対応が可能です。
契約者は親で、子どもが被保険者です。
払込期間中に親が死亡した場合、その後の保険料が免除され、祝い金や満期保険金は当初の契約どおりに受取れる点が特徴です。

4つ目は、契約した時に決めた年齢になると、年金を受取れる個人年金保険です。
被保険者が死亡するまで年金がもらえる終身年金、被保険者が生きている間の一定期間は年金が支払われる有期年金、夫婦のどちらかが生きていれば年金を受取れる夫婦年金、被保険者の生死にかかわらず一定期間年金を受取れる確定年金があります。
終身年金の中には、被保険者が保障期間内に死亡しても、残りの保障期間内に未払年金を遺族が受取れる商品や、予定利率が保証された一般勘定で運用されている商品などもあります。

5つ目の変額保険は、支払保険料をもとに株式や債券などを運用し、運用成果に応じて、解約返戻金や保険金が増減する保険です。
変額保険には、一生涯保障の続く終身型、保障期間が一定の有期型、個人年金保険タイプの変額個人年金保険があります。
変額個人年金保険は保険と運用を両方行うため、運用には契約初期費用、保険関係費用、運用関係費用、年金管理費用、解約控除、スイッチング費用などの諸費用がかかります。
さらに、中途解約時には解約返戻金の元本割れのおそれもあります。
年金原資には最低保証の設定のあるものとないものがあり、解約返戻金には最低保証がない場合が多いので留意しましょう。

貯蓄型保険のメリット

定期預金などよりも利率が有利

貯蓄型保険のメリットは、一定期間が経過した後の返戻率が、契約時点では預金よりも有利であることにあります。
特に低金利の現在では、貯蓄によって得られる利息はわずかです。
しかし、貯蓄型保険の場合には、商品にもよりますが、解約返戻率が110%前後になるとしているものもあります。

途中解約への心理的ハードルが高いため継続しやすい

貯蓄型保険は預金商品と違い、短期間で解約したときに大きく元本割れしてしまう点がデメリットですが、定期預金等と比べると解約のハードルが高くなるため、預金をすぐに取り崩してしまいがちな人でも継続しやすいというメリットもあります。

目的に応じた商品が選択可能

長期的な資産形成目的でも利用されており、子どもの教育資金や老後の資金など、目的やライフステージに応じた商品が選択できます。

貯蓄型保険のデメリット

インフレリスクに弱い

貯蓄型保険では、契約時に解約返戻金が決定する商品があります。
このような商品の場合、今後インフレとなってもそれに対応しにくくなっています。
また、外貨建ての貯蓄型保険の場合には、為替レートの変動による元本割れリスクにも十分注意が必要です。
利率変動型や、運用成績によって受取額が変化する変額保険もあります。

予想外のライフイベントに対応しづらい

急にまとまった資金が必要になった場合、貯蓄型保険には預金のように一部を取崩すといった柔軟性がないのはデメリットでしょう。
一時的に返戻金の範囲内から貸付を受ける制度もありますが、予定利率が高い契約の場合は貸付利率も高くなることが多いことに注意が必要です。

自分の目的にあった貯蓄型保険を探そう

貯蓄型保険を選択する場合には、主な目的として貯蓄性を重視しているのか、保障を重視しているのかをよく考えましょう。
目的で貯蓄をするのかによって、商品選びや必要な保障が異なります。
「老後の資金を貯めたい」という目的の場合、保障が必要であれば終身保険が有利ですし、公的年金を補う目的であれば貯蓄性の高い個人年金保険が適しています。

貯蓄型保険においても、全てが解約返戻金となるわけではなく、保障のための資金となっている部分もあります。
死亡保障以外の手厚い保障を望む場合には、保険は掛け捨て型でニーズに合ったものを選ぶ方がよいこともあります。

契約前には、月々の掛金や各ライフステージでの資産状況などを確認して、試算と検討を重ねておくことが必要です。

保険相談なら『イオンのほけん相談』

個人年金保険でお困りなら「イオンのほけん相談」にご相談ください!

一概に個人年金保険といっても、『どの保険を選べばいいかわからない』『保険の保障内容は何を基準に判断すればいいかわからない』などの疑問をお持ちではないでしょうか?

個人年金保険でお困りの方はお近くの「イオンのほけん相談」の店舗でお気軽にご相談ください!

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報