保険ランキング

保険の種類とはどのようなものがあるか知っていますか?

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

生命保険、それは非常に重要なものです。しかし、一口に生命保険といっても、病気のときに保障を受けるものや、死亡時に保障を受けるものといったように、保障を受ける時期、また、保険料の支払い期間や保障期間などにはさまざまな違いがあり、非常にややこしく、理解することが難しいものに見えます。

そもそも生命保険とは、万が一自分の身に何かが起こり、収入が途絶えるような場合に、残されたご家族などが生活に困らないようにするために加入するものです。もちろん、日本は社会保障制度が充実していますが、ほとんどの方は基本的に生命保険には加入する必要があるといえるのではないでしょうか。

そこで、今回は生命保険の種類を簡単に見ていきましょう。

生命保険とは?保障内容の種類

生命保険には、その保障範囲から、死亡保険と医療保険という2つの種類と、死亡保障付き医療保険というこの2つが組み合わさったものがあります。これから3つの生命保険の保障内容の違いを見ていきましょう。

死亡保険

死亡保険は、「生命保険」という言葉を聞いたときに多くの人が最初に思い浮かべるような内容で、その保障内容は基本的には被保険者、つまり保険に加入した人物が死亡した際に、契約時に定めた保険金が指定された受取人に支払われるものとなっています。この後に述べる医療保険とは違い、被保険者が亡くならないと保険金を受け取ることは出来ません。しかし契約直後から被保険者が亡くなった場合は保険金を受け取ることができるようになります。

医療保険

医療保険は、一般的には病気やけがで入院することになった際に、入院給付金や、手術給付金という形で、病院でかかる費用の一部を補う形で保険金が被保険者に支払われるものです。死亡保険とは異なり、被保険者が亡くなっていなくても要件を満たせば保険金が受け取れるようになっています。
基本的にはある一定以上の健康要件を満たしていなければ加入することは出来ませんが、「引き受け基準緩和型医療保険」という、保障内容に制約があるものの、持病があっても加入することが可能な医療保険もあります。また、がん保険や女性保険などの特定の病気に焦点を当てた特殊な医療保険も存在します。

死亡保障付き医療保険

死亡保障付き医療保険は医療保険に死亡保障を加えたものです。病気やけがで入院した際は給付金が、万が一被保険者が亡くなってしまった場合は保険金が受け取れます。

最後に、これらの生命保険がその保障の対象としているものは、次に述べるさまざまなタイプの生命保険の保障期間中に発生した入院や死亡などの事例のみだということは忘れないようにしましょう。

生命保険とは?保険料の支払い方・受け取り方

ここまで生命保険の保障内容の違いについてみてきましたが、ここからは保険料の支払い方、保険金の受け取り方の違いをみていきましょう。 生命保険は、保険料の支払い方と受け取り方から、大きく定期型、終身型、養老型の三つのタイプに分かれます。ここでは満期、満期保険金の有無、保障期間の観点からこれら三つのタイプを解説していきます。

定期型

定期型生命保険は10年や20年といったように、あらかじめ定められた期間中の保障をする保険です。期間で区切られているために保険の見直しが効きやすく、その時その時の状況に応じて柔軟に対応が可能というメリットがあります。また、一定の期間のみの保障ということで、月々の保険料も他のタイプに比べて割安になっています。そのため、より少ない保険料で大きな保障が得られることが特徴です。しかしその代わりに期間満期では払戻金がなく、また途中で解約したとしても払戻金がほとんど発生しないことが一般的です。そのため、大型保障がほしい場合や、保険料をなるべく安く抑えたいような場合に適しています。

終身型

終身型は、その名の通り被保険者の一生涯にわたって保障をするものです。保障期間が生涯となるため、定期型に比べて見直しはしづらく、保険料も定期型に比べると高くなってしまいがちですが、その代りに生涯にわたる安心を確保できます。支払いは60歳や65歳までの一定の時期までのものや、終身のものがあります。また、途中で解約した場合は払戻金が発生します。契約からあまり早く解約した場合は払った保険料よりも払戻金は少なくなってしまいますが、ある一定の期間よりのちは、払った金額よりも多くの払戻金が手に入るため、保障と貯蓄を兼ねることも可能です。

養老型

養老保険は、満期金と死亡時の保障額が同額の保険です。満期になると満期金を受けとって保障期間を終了することになるため、資産形成に適しています。ただし一般的に契約時の年齢が若いほど払い戻し率が大きくなる傾向があります。また、定期型とは違い、満期での更新ができないことと、保険料が割高になりがちであることから、養老型生命保険をメインの生命保険にすることは考えたほうがいいかもしれません。

法人向けの生命保険もあります

もしかすると、これを読んでいるあなたは、生命保険は個人向けのもので、会社などの法人とは関係がないと思っているかもしれません。しかし個人向けではなく、法人向けの生命保険もあるのです。また、法人向け生命保険に加入することには、さまざまな面でメリットがあります。この項では、そんな法人向けの生命保険に加入するメリットをいくつか紹介します。

経営者、役員の死亡保障

法人向けの生命保険で最も注目すべきことは、個人向け生命保険とは異なり、保険金の受取人が会社になっていることです。経営者や役員に万一のことがあり、事業が滞ることがあったとしても、法人向け生命保険に加入していることで、その損害をある程度カバーすることが可能です。

社員の死亡時の弔慰金

社員の死亡時にも、生前の功労と、遺族の生活を考えて弔慰金を出す必要があります。その金額にはばらつきはあるものの、一度に多額の支出が発生します。必要な出費ではありますが、それでもやはり企業にとっては大きな負担となります。法人向け生命保険に加入していれば、このような突然の事態でも、会社の財政への負担を最低限に抑えつつ、その社員へ生前の活躍に対する十分な報酬を与えることができます。

役員、社員退職金の準備

退職する社員が安心して以後の生活を送れるように、退職金を用意するのもまた企業の重要な役割の一つです。しかしながら、数十カ月分の給料を用意することはもちろん会社の財政にとって少なくない負担となります。しかし、そういった場合も、法人向け養老型生命保険に加入していれば、前述のような社員の万が一にも備えつつ、社員の退職金の一部も積み立てることが可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか。生命保険の種類と、タイプに応じた保険料の支払い方法、受取方法について解説してきました。生命保険には死亡保険、医療保険、死亡保障付き医療保険といった大きく三つの種類があり、その機能は安心の確保のみならず貯蓄など、多岐に渡ることが分かっていただけたかと思います。

自分のライフスタイルや保険に対する考え方に応じて、どのようなサービスに加入するのが最適なのかは変わってくるかと思います。本記事が生命保険について考えるきっかけになれば幸いです。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧