生命保険を探す

目的ごとに性質が異なる生命保険 自分にとってのおすすめを知ろう

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

生命保険を選ぶときは、保険料に注目する人が多いようです。しかし、それだけではなく、商品性を知り目的や状況に合わせて生命保険を選ぶことも重要です。生命保険には大きく3種類あります。各生命保険の特徴や活用法を知り、保険選びの参考にしてみませんか。

貯蓄性もアリ!終身保険

終身保険は、積み立て型で死亡時に死亡保険金が支払われます。生存中の解約でも、払い込み期間終了後であれば、死亡保険金に近い額の解約返戻金を受け取ることができます。そのほか、死亡時以外にも一定の額が支払われるため、保障だけでなく貯蓄性を求める人におすすめです。 本来の終身保険は、私たちから集めた保険料を保険会社が運用し、100%以上のリターンを得られる商品でした。しかし、現在は低金利が長期化しており、商品によっては満期時に元本割れする可能性もあるので注意しましょう。

保険料は高水準

終身保険は、いわゆる掛け捨て部分がない分、保険料は高めです。そのため近年は、当初の解約返戻金の額を抑えた低解約返戻金型が主流になっています。当初の解約返戻金は低く設定されていますが、払い込み期間満了時に通常の解約返戻金の水準に戻るというものです。保険料は従来タイプよりも抑えられますが、それでも掛け捨て型と比較すると保険料は高めですし、早期解約をすると大きく元本割れの可能性があります。

保険料が魅力の定期保険

一定期間のみを保障するのが定期保険です。期間を過ぎると保障は消え、満期金はなく解約返戻金もごくわずかとなります。掛け捨て型の保険なので、その分保険料は割安です。少ない保険料で大きな保障が得られるため、家計の苦しい世帯にも有益です。支出の多い子育て世帯が加入するケースが最も多い保険です。

定期保険の選び方

定期保険を選ぶときのポイントを2つご紹介します。

  • どの期間、いくら必要なのかシミュレーションする

    必要な保障期間や額をシミュレーションすることで、自分に合った保険にタイミングよく加入することができます。

    健康割引を活用しよう

血圧、BIM指数、非喫煙者など、一定の健康条件を満たせば健康割引が受けられる保険がどんどん登場しています。商品によっては半額近くなるものも。健康な人は積極的に検討しましょう。

保障期間や保険金額によって保険料が変わるのはもちろんですが、性別や年齢、健康状態によっても保険料は変わります。元気な人ならば健康割引が適用になる保険がおすすめですが、そうでない人ならば健康状態にかかわらず保険料が一律の保険のほうがお得になります。自分の健康状態やふさわしい保障を認識し、どの保険が一番お得なのかを比較検討し、定期保険を選ぶといいでしょう。

最近注目の生命保険、収入保障保険とは

収入保障保険は定期保険の一種ですが、受け取り方は年金形式となります。60歳や65歳までといった一定期間保障するのは定期保険と同じですが、年金形式なので、加入当初に死亡した場合に、一番受け取り額が大きくなります。どういうことかというと、この保険は、「(例)被保険者が60歳までに亡くなった場合、その後60歳の年まで毎月20万円支払います」といった内容だからです。つまり、被保険者が早く亡くなると受け取り期間が長いのですが、60歳の満期近くで亡くなると受け取り期間が短くなるため、受け取り総額が少なくなるのです。保険会社にとっては、死亡する確率が高くなるにしたがって保険金額が小さくなるため、保険料が安くても成り立つということです。

なお先述のとおり、満期近くの死亡では受け取り総額がかなり少なくなってしまうため、数年の最低支払期間がある商品もあります。

収入保障保険の特徴とは

見直し不要で、保険金を毎月のお給料のように受け取れる収入保障保険は合理的な保険に見えますが、注意点もあります。メリットと比較しながら見ていきましょう。

  • 受け取り方のメリット

    一括で受け取ってしまうと予想外に使ってしまう懸念もあり、計画性が必要です。収入保障保険は年金受け取りなので、将来の生活費にも備えられます。

    税制面の注意点

    死亡保険金は一括受け取りの場合、みなし相続財産となり、かなりの額が非課税となります。しかし年金受け取りの場合はみなし相続財産とされるのは初年度のみで、次年度以降は保険金の一部が雑所得となり、課税対象となります。みなし相続財産の非課税枠内で収まる可能性のある一括受け取りと比較すると、税制面でやや不利かもしれません。

    必要な保障金額を受け取れるか

    収入保障保険はだんだん保険金額が減ってしまいます。教育費をカバーしたい場合は、一番費用負担の大きく、かつ必要時期が遅い大学費用をまかなえるかが、やや不安です。この保険によって必要な分の保障金額を受け取れるか、慎重に検討する必要があります。

複数の保険を検討することもおすすめ

終身保険、定期保険、収入保障保険の3つの生命保険の特色を見てきました。どれも一長一短あるため、「どれにしようか迷ってしまう!」という人も多いのではないでしょうか。迷った場合は、複数の保険を組み合わせるという選択もあります。

  • 終身保険の保険金額を500万円程度と低く抑え、不足分を定期保険や収入保障保険で補う

    遺族の生活費は収入保障保険でまかない、子どもの大学費は定期保険でまかなう

    葬儀費用や相続対策のために終身保険に加入し、遺族の生活費は定期保険や収入保障保険でまかなう

このように、貯蓄性があるが保険料が高めの終身保険と保険料が安くとも高い保険金額を設定できる定期保険や収入保障保険を組み合わせる、目的ごとに違った保険に加入する、などの方法があります。

生命保険の加入方法は1つではない

生命保険も種類によって特色がありますし、自分にとって最適な保険も1つとは限りません。どんなリスクに備えたいのか、目的を明確にし、多くの選択肢のなかから最適の保険を選びましょう。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧