がん保険を探す

がん保険なんて自分にはまだ早い!そう思っていませんか?

  • 心配事
  • share
  • Tweet
  • LINE

今年、社会人になったばかりのAさんは、残業も多く忙しい毎日を送り、食生活も乱れてしまうなど、健康な生活とは程遠い毎日を過ごしていました。そんな時、親戚の伯母さんがガンになって入院、手術したのを機に、「まだ自分には早い」と思っていた保険、なかでもガン保険について真剣に考えるようになったといいます。

ガン保険は定期的に見直しを

実際に、Aさんの伯母さんも、ガン保障がついた医療保険に入っていました。そのおかげで、すぐにまとまった一時給付金を受け取ることができたのですが、その保険は10年以上も前に入ったものだったため、1日でも入院しないともらえないタイプでした。
「伯母の場合は、入院して手術する必要があったので、入っていた医療保険のガン保障が使えましたが、最近は通院だけで治療するケースや全額自己負担となる先進医療によっての治療も増えているとか。伯母にも、ガン保険は定期的にその時代にあった新しいものに入った方がいいよと言われています」と話すAさん。

若い世代は定期保険で負担を軽く

まだまだ若い20~30代の独身世代は、終身タイプの保険ではなく、5年保障、10年保障など、比較的保障期間が短いものを選んだ方が、結婚後のニーズによってガン保険も見直しやすいといえます。保険料も、掛け捨てタイプの方が費用をおさえることが可能。なかには1,000円を切る、シンプルなガン保険もあるので、毎月の負担を軽くすることができます。

一方、終身タイプのガン保険に入る時に気になるのが、多くの保険料を払っても、結局ガンにならず、掛け金を損してしまうのではないか?という点。そんな心配に応えてくれるのが、ガンにならなければ払込保険料相当額が戻ってくる保険や給付金が出るというもの。これなら、終身タイプのガン保険に入り、定期的に見直しながら時代に合った特約を付けられると良さそうです。

伯母さんも「給付金があったから何とかなった。ガン保険に入っていて本当に良かった」と、今は元気な毎日を取り戻すまでに回復。Aさんの方も、数あるガン保険の中から、今の自分に合ったものを選び、ガンになっても慌てず、治療に専念できる環境を整えたいと思っているそうです。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧