子供保険を探す

子どものための傷害保険は加入するべき?いつ加入する?

  • 子供
  • share
  • Tweet
  • LINE

子どもが日常生活で思わぬ事故にあってしまった場合や、第三者をケガさせてしまった場合には、治療費や賠償費などで多額の費用がかかることもあります。ケガや事故の多い時期だからこそ、万が一に備えて子どものための傷害保険に加入することをオススメします。

子どものための傷害保険

まずは、子どものための傷害保険がどのような特徴をもち、どのような補償内容を提供しているか見ていきましょう。

特徴

そもそも傷害保険とは、偶然のケガや事故に備えた保険です。そのなかでも子どものケガや事故に特化した補償内容の保険が、子ども向け傷害保険と呼ばれています。骨折などケガをしたときの補償や、保護者に万が一の事態があった場合の補償など、子どもに起こりうる多種多様なリスクに備えた保険といえるでしょう。

加入条件

保険会社によって詳細は変わりますが、基本的には年齢や就業の有無といった加入条件があります。一定の年齢以下、あるいは学生でなければ加入できません。就業して生計を立てている場合も対象外となることがありますので、加入条件は事前によく確認しましょう。

主な補償内容

補償内容は多岐にわたります。子ども自身のケガだけでなく、事故で他人をケガさせた場合の賠償責任や、携行品を破損したときの補償、さらに保護者が死亡した場合の育英費や学資に関する補償などです。詳しい補償内容は保険会社によって異なりますが、ここでは特約も含めた一般的な補償をご紹介します。

傷害補償

子どもが日常生活や学校などでケガをして、一定日数の入院・通院、もしくは手術が必要になった際に、保険金が支払われます。学校生活では部活動などでケガをすることも多く、入院・通院代の負担は決して軽いものではありません。そのような負担を少しでも軽くしてくれる心強い補償になっています。また、ケガによって子どもが死亡した場合、もしくは重度の障害を負った場合にも保険金が支払われます。ただし、子ども向け傷害保険での死亡・障害保険金額は、通常の傷害保険に比べ少額の設定が多いようです。

個人賠償責任補償

日常生活における偶然の事故によって、他人の身体や物を傷つけてしまったときのための補償です。また、加入する子どもだけでなく、その保護者や配偶者などの家族にも補償が適用されます。

熱中症危険補償

名前の通り、熱中症についての補償です。通常の傷害保険は急激、偶然、外来の事故によるケガを補償する保険のため、病気と見なされる熱中症は補償対象外となります。しかし、子ども向け傷害保険では、特約を付加することで熱中症をケガと同様に補償の対象としている商品があるのです。
子どもは熱中症にかかりやすいものです。例えば、体育の授業や部活動、遠足や運動会などで熱中症にかかる危険があります。そのため、幼少期から高校生まで幅広い年代の子どもに欠かせない補償といえるでしょう。

扶養者死亡補償

両親など子どもを扶養している人が死亡した際の補償です。この補償によって、保護者にもしものことがあっても、子どもの経済的負担を軽くすることができます。また、死亡だけでなく重度の障害を負った際に補償を受けられる商品もあります。

 

傷害保険にはいつ加入する?

子ども向け傷害保険の補償期間は保険会社や商品によって異なります。補償期間が22歳までのプランもあれば、高校卒業までの場合もあります。では、傷害保険にはどのタイミングで加入したらいいのでしょうか。

結論としては、傷害保険は子ども自身がケガをしたり、他人にケガをさせたりする可能性が高まりはじめた時期に加入するのがオススメです。例えば、小学校に入学後、交通量の多い道路を一人で歩く機会が増えたときや、中学校で部活動を始めたとき、また自転車通学に切り替えたときなどが考えられます。入学や卒業、進級などの新生活の節目に、子どもの行動範囲にあるリスクの変化を見直してみることで、タイミングを逃さずに適切な傷害保険を選ぶことができるでしょう。

 

子どものための傷害保険は加入するべき?

子ども向けの傷害保険には、子どもに特有のリスクに対応する補償があることを説明しましたが、実際のところ、子どものために傷害保険に加入する必要はあるのでしょうか。ここでは、補償範囲と支払い保険料の面からメリットとデメリットを考察します。

補償範囲

まず、病気に関する補償がない点は大きなデメリットといえるでしょう。傷害保険は冒頭で紹介した通り、偶然の事故によるケガを補償するのが主な目的の保険であり、病気を補償するための保険ではありません。特約をつけることで、学生に起こりやすい熱中症など特定の病気を補償対象とすることはできますが、病気全体へのリスクはカバーできません。

その一方で、ケガをした際には非常に役立つ商品です。例えば、公的医療保険はケガに関する出費のすべてを補償してくれるわけではありませんが、傷害保険は公的医療保険がカバーしない部分も補償してくれるのです。さらに、賠償責任補償が含まれていれば、子どもが被害者になる状況だけでなく、加害者になった際のリスクにも備えることができます。賠償責任は見過ごされやすいリスクですが、高額の賠償を求めた裁判例があることを考えると、極めて重要な備えであるといえるでしょう。

支払い保険料

補償内容に対して支払う費用はどうでしょうか。生命保険や医療保険と異なり、傷害のみの補償のため一般的に保険料も比較的安く、1ヶ月あたり数百円ほどの出費で済む商品も多いです。さほど高くない保険料で扶養者の死亡や賠償責任などの多種多様なリスクに対処できるというメリットは大きいでしょう。

したがって、カバーできるリスクとそれに対する費用をしっかり把握したうえで商品を選ぶことはもちろん重要ですが、子どもに関するさまざまなリスクに備えるためにも、子ども向け傷害保険は必要といえるでしょう。子どもの環境の変化にあわせて、子ども向け傷害保険への加入をぜひ検討してみてください。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

  • 子 供

    取得率、収入、職場の雰囲気...現実問題、男性の育児休業ってどう?

    男性の育児休業取得率は低く、積極的に取得を推奨している会社も多くありません。社会的にまだ男性の育休取得を受け入れていない風潮もあるでしょう。しかし、男女ともに気兼ねなく育休を取得できる社会を目指し、新たな取り組みをする会社も増えているようです。 男性の育児休業取得率はまだ低い 厚生労働省の平成27年度の調査によれば、日本の男性の育児休業取得率は2.65%。過去最高の数値となっていますが、まだ積極的には育休を取得しづらい現実がありますね。 また、三菱UFJコンサルティングの調査(平成27年度)によると、男性正社員で育休利用者がいる割合は、「301人以上」の会社では24.9%ですが、「300人以

  • 子 供

    どんな影響が出る?「子供の貧困」問題とは

    いま日本では、子供の貧困問題がクローズアップされています。貧困というと、発展途上国で飢餓に苦しむ子供を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、それとは異なります。たとえ住む家があり食べるものがあったとしても、「貧困」と捉えざるえない状況があるのです。日本における子供の貧困とはどういうものなのでしょう。 「子供の貧困」の定義は? どこまでが普通で、どこからか貧困なのか。線引きは難しいですね。まず、貧困には「絶対的貧困」と「相対的貧困」の2種類があります。 絶対的貧困:食や衣類など、生きるため

  • 子 供

    大学進学までの費用が足りない!?知っておきたい公的な学費支援

    子供の教育費は事前に準備しておくのが基本ですが、いざという時に足りなくなったらどうすればいいのでしょうか。国や自治体、公的団体による支援について知っておきましょう。 年収に対してどれくらいの教育費がかかる? 次の表は、ベネッセ教育総合研究所が調査した、子供1人当たりの年間の教育費と年収に占める教育費の割合です。 全体的に、年収が上がれば教育費の支出額も上がる傾向にあります。しかし、年収に占める教育費の割合は、年収が低い世帯のほうが高い傾向にあることが見てとれますね。

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧