火災保険を探す

火災保険の保険料について解説!

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

人生で一番高い買い物ともいえる住宅ですが、大切な住宅にかける保険として「火災保険」があります。今回は、火災保険の保険料や選び方について解説していきます。

火災保険とは?

火災保険は、住宅を購入する際に融資機関から入るよう勧められたり、住宅ローンなどのプランに組み込まれていたりすることが多い保険のひとつです。重大な過失や故意でない場合、受けた損害の一部もしくは全額を補償してもらえるもので、火災だけでなく幅広い損害に適用されます。なお、利用する保険会社により契約条件、保険期間等は異なります。
誰しも、せっかく購入した自宅が被害を受けて住めなくなるといったことは避けたいものですし、突然訪れる災害に不安を抱くのも当然です。そのようなとき、火災保険は悩みを解決する手助けになります。
それでは、火災保険の対象、補償内容ついて説明していきます。

火災保険の対象

火災保険は、対象別に「家財用」と「建物用」の2種類があり、それぞれのプランだけでなく、1つになっているプランもあります。もし建物用のプランにしか入らない場合、自宅が火災で全焼した際に建物は補償されても破損した家具や家電製品は適用外となるため注意が必要です。なお、家財用のプランを「家財保険」と呼ぶこともあります。例えば、賃貸マンションで建物用の保険が必要ない(マンションの持ち主が保険をかける)といった場合に利用されています。

火災保険の補償内容

適用される損害については、火災、落雷、破裂・爆発、風災、ひょう災、雪災、水害、外的要因による破損、盗難、事故など、幅広く挙げられます。このうち、特に火災から雪災までに適用されるものを「住宅火災保険」、それ以上に適用されるものを「住宅総合保険」といいます。ただし、保険会社によって損害の適用範囲はさまざまで、プランごとに補償の限度額や適用条件は異なります。
また、一般的に地震は適用外とされます。不安な場合は、別途「地震保険」に加入しましょう。

 

火災保険の保険料はどれくらい?

住宅ローンに入っている場合には、大幅に出費が増えることは避けたいものです。必要なプランをお得に利用するために、保険料の仕組みについて見ていきます。

保険料の決定要因

保険料の決定に関係する要因としては、

  • 所在地と延床面積(区分所有建物については専有面積)
  • 建物の保険金額(時価または新価)
  • 家財の保険金額(時価、新価または簡易算出)
  • 建物の構造

などが挙げられます。

住所と敷地面積は災害の起こる可能性を示す指標となるため保険料を決定するための大事な要因の1つになります。

次に、建物や家財にかけられた保険金が保険料をどのように左右するのかについては、「時価」と「新価」の2つの概念が大きくかかわってきます。

あまり耳慣れない言葉かとおもいますので、「時価」と「新価」について解説します。
建物や家財は使っているうちに損耗するため、一般的に新品当時から時間が経過するにつれて徐々に値段が下がります。「時価」とは、そのような値段の変動を加味したうえで決定される、保険の対象の価値を指します。したがって、補償額は購入額よりも低くなる傾向にあります。一方「新価」は、保険の対象と同一のものを再び手に入れる場合にかかる費用が、そのまま補償額となります。

家財を対象に保険加入する場合については、時価か新価かが選べなかったり、簡易的に国の公表する世帯と家族構成の平均に照らして算出する方法がとられたりする場合もありますが、建物を対象に保険加入する場合については、新価を選択するケースも最近増えています。その理由としては、例えば家が全焼した場合、時価ではもう一度家を買い直すことは難しいですが、新価では家の値段が購入額より高くなっていたとしても、また同じ家を買うだけの費用が補償される、ということが挙げられます。


最後に、建物の構造が保険料を決める要因となることについて説明します。これは、その建物が燃えやすいか壊れやすいか否かが評価されます。

住宅用ならば、まず共同住宅(長屋を除く集合住宅)か一戸建てかを分類した後、建物の柱がコンクリートか鉄骨か木か、そして建築基準法に照らした構造級別で M(マンション)構造、T(準・耐火)構造、H(準・耐火以外)構造のいずれかの判断がなされます。M構造、T構造、H構造の順に評価が下がるので、保険料は高くなっていきます。また、一戸建ての場合は、基本的にT構造かH構造となります。

保険料の相場

先ほども述べた通り、選ぶプランや利用する保険会社により保険料は大幅に変わります。基本的には短期契約よりも長期契約のほうが割安になります。さらに、ほかの保険や住宅ローンとともに加入すると安くなる場合もあります。手間はかかりますが、少しでも保険料を安くしたいと考えるなら、どのような場合に割引されるかをチェックしておくことが重要です。

 

火災保険の選び方

ここまで読んで、火災保険は煩雑だと感じた方もいるかもしれません。しかし、必要以上に多くの保険料を支払い続けることは住宅購入後の家計に大きな負担となるので、要領よく火災保険を選びたいものです。そこで、もう一度、火災保険の選び方について整理してみましょう。

  • 保険の対象を決める
  • 基本的には「家財」と「建物」のそれぞれについて別の保険を適用させることができます。どこまで保険をかける必要があるか考えましょう。

  • 建物の構造を知る
  • 建物に対して保険を適用させる場合、構造によって保険料が変動するため、建物の構造を知る必要があります。

  • 補償の範囲を決める
  • 地域によって危険性の高い災害は異なるので、ハザードマップを参考に家の立地条件に注意しましょう。

  • 建物と家財それぞれの補償額を決める
  • 時価・新価いずれの場合も、利用する保険会社の提示する評価額を上限に自分で決定することができますが、低く設定し過ぎないように気をつける必要があります。

  • 契約期間を決める
  • 価格重視なら長期、様子見なら短期の契約がお勧めです。

もちろん、迷った場合や高過ぎると感じた場合は、数社の類似したプランを比較することも有効です。

 

自分に合った火災保険を

火災保険には選択肢が多いので、よく検討して納得のいくプランを見つけてください。どこまでの安全を買うかは人それぞれです。自分に合った、本当に必要な備えを選びましょう。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧