医療保険を探す

座りっぱなしのデスクワークは危険!腰痛や病気の対策をしよう!


  • 健 康
  • share
  • Tweet
  • LINE

デスクワークが多い仕事では、椅子に座ったまま動かないことが多く、運動不足になりがち。

同じ姿勢が何時間も続くと、エコノミークラス症候群腰痛といった症状を引き起こすことも。

ここでは、デスクワークから起こり得る病気のリスクについてご紹介していきます。

保険相談なら『イオンのほけん相談』

一概に医療保険といっても、『どの保険を選べばいいかわからない』などの疑問をお持ちではないでしょうか?

医療保険でお困りの方はネット上での無料お見積り、もしくはイオンのほけん相談の店舗でお気軽にご相談ください!

長時間のデスクワークで起こる腰痛

雪印メグミルク株式会社が20代~50代の働く男女を対象に行った調査(平成28年)によると、過半数の人が平均6時間以上デスクワークをしているといいます。

長時間のデスクワークで体を動かさない時間が増えると、姿勢が悪くなりやすく、病気のリスクが高まります。

同じ姿勢が続くことで、椎間板ヘルニアになる可能性もあります

実は、立っているときよりも座っているときのほうが腰に負担がかかります。

「長時間座ったままはよくない」ということを、まずは意識しておきたいですね。

座りっぱなしが原因で血液がドロドロに?

座っている時間が長い人は、運動不足になりやすいものです。

しかし、弊害はそれだけではありません。

海外の研究によると、1時間座り続けるだけで、血液の循環に関わる血管の機能が半分にまで低下してしまうそうです。

座っている時間が長くなるほど、死亡リスクが上昇するという研究結果もあります。

病気になるリスクも

長時間座っていることで血流が悪くなると、血液がドロドロになってしまうこともあります。

血液がドロドロになってしまうと、体の代謝機能も低下し、血液中の糖や中性脂肪がエネルギーとして使われづらくなってしまいます。

その結果、以下のような病気を発症するリスクが高まるようです。

脳梗塞(のうこうそく)

● 脳卒中の一種です。

● 脳の血管が詰まり、血流が滞ることで一部の細胞が死んでしまいます。

● 麻痺などの後遺症が残ることも多く、手足のしびれやろれつが回らない、といった症状が現れます。

狭心症(きょうしんしょう)

● 心臓の冠動脈が何らかの原因で狭くなるう疾病です。

● 心筋に十分な血液が送られなくなることで、心筋が酸素不足を起こし、胸の痛みが起こります。

糖尿病

● 血糖値が高い状態が続く疾病です。

● 進行すると、網膜症・腎症・神経障害などの合併症を引き起こし、それらの病気の治療も必要になります。


座りっぱなしのデスクワークは座り方に気をつけよう

デスクワークで、一日の大半を座って過ごしている方も多いのではないでしょうか。

間違った座り方をしていると腰痛など体の不調を招くことがあります。

ここからは、間違った座り方を続けるとどのような影響が及ぶのか、

そして、正しい座り方とはどのような座り方なのかについてまとめました。

間違った座り方を続けると体は不調に

間違った座り方を続けていると、体に歪みが生じ、肩こりや腰痛・頭痛などの痛みも生じるようになります。

正しい姿勢で心身に過度の負担をかけないこと、そして、正しい姿勢を保って座る場合でも適度に体をほぐすことが大切だと言えるでしょう。

正しい座り方を覚えよう

間違った姿勢が引き起こす体の不調のなかでも、とりわけ問題になるのが腰痛です。

職業性疾病で4日以上休業した方の約6割は腰痛が原因であると言われています。

腰痛を起こさないためにも、ここで正しい座り方を覚えていきましょう。

正しい座り方

● 同じ方向で脚を組み続けない

● 深く腰掛け、耳・肩・股関節が一直線になるように座る

● 上半身を上に引っ張る意識で座る

椅子と机、体のバランスも大切

正しく座ったとしても、椅子と机、体のバランスが取れていないと正しい姿勢が続きません。

椅子に深く腰掛けた姿勢で、椅子の高さと机の高さがちょうどよく感じるかチェックしてみましょう。

机の高さが調整しづらいときは椅子の高さを変え、脚を組まなくてもバランスを取れる位置に設定してみてください。

突然倒れる前にしっかり予防しよう

現代は、1日中座り続けるデスクワークが非常に多いです。

定期的に立ち上がったりストレッチをしたりすることで、血流を良くしていきたいものですね。

少し気をつけるだけで、ずいぶんと変わります。

まずは以下のことを意識してみてはいかがでしょうか。

  • 1時間に5分を目安に歩く立ち上がって歩くことで血流が良くなるため、脳梗塞や狭心症等のリスクを低下させることができます。
  • 座ったままできるストレッチをする座ったままのストレッチもオススメです。 上半身を左右に動かしたり、ひねったりするとよいといわれています。 息をとめずに、ゆっくり行いましょう。 椅子に座ったままで前屈をし、手の指先がつま先に触れるくらいまでゆっくりとかがむのもいいようです。 また、片方の足のかかとを反対の足の膝にのせて、前屈するという方法も(左右入れ替えて両足とも行います)。 太もも~お尻にかけて伸びる感覚を感じられるはずなので、試してみてください。
  • しっかりと水分補給を血液循環のためには、こまめな水分補給も大切。 意識的に水分を摂取しましょう。

長時間座ったままの姿勢を続けると、腰痛や肩こりだけではなく、脳梗塞・狭心症などの病気を発症するリスクが高まります。

まずは、1時間に5分程度歩くことを意識してみてはいかがでしょうか。

「座りすぎ」がもたらす健康リスクを知り、適度な運動をするように心がけてみましょう。

保険相談なら『イオンのほけん相談』

一概に医療保険といっても、『どの保険を選べばいいかわからない』などの疑問をお持ちではないでしょうか?

医療保険でお困りの方はネット上での無料お見積り、もしくはイオンのほけん相談の店舗でお気軽にご相談ください!

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧