火災保険を探す

マンションにおける火災保険 加入の必要性は?

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

マンションは耐火構造であるため、火災保険の必要性を感じない人もいるようです。マンションが火災に強いことは確かですが、したがって火災保険に加入しなくていい、という結論には至りません。マンションの火災保険には多くの加入メリットがあります。マンションにおける火災保険の重要性を認識しておきましょう。

こんなに幅広い! 火災保険の補償内容

火災保険という名前から、火事への備えという印象が強いですが、補償範囲は火災だけではありません。例えば、以下のような損害をカバーできます。

  • 火災・落雷・風災・水災などの災害リスク
  • 盗難・水道管の水漏れ・ガス管の爆発・外部からの衝突による破損など災害以外の損害リスク
  • 損害賠償のリスク

ほかにも、事故の際に保険金とは別に臨時費用を支払う「臨時費用補償特約」や、自宅の出火が近隣へ広がった場合に、近隣の家の損害も一部補償する「類焼損害補償特約」などがあります。また、火災保険の補償は、建物だけでなく家財もカバーします。両方補償する保険に加入するのが一般的ですが、「建物のみ」「建物と家財」などと選択することも可能です。

マンションだからこそ特に必要な補償は?

  • 水濡れ
  • 水濡れは、マンションに多いトラブルです。そのため、水濡れに対する補償はあったほうが安心です。例えば、給水管の破損や階上からの水濡れによって室内が水浸しになるといった事態でも、火災保険が役に立ちます。ただし、あくまで偶発的な事故に対してのみ補償されることを覚えておかなければなりません。

  • 個人賠償責任保険
  • マンションの2階以上に住む人は、水濡れの加害者になってしまうおそれもあります。また、ベランダから植木鉢やマットなどが落ちて、通行人に損害を与えてしまうことも考えられます。そのような場合の賠償責任に対応できる「個人賠償責任保険」が含まれる火災保険は、マンションに住む人に安心を与えてくれるでしょう。

  • 地震
  • マンションは一戸建てよりも耐震性能が高いとされていますが、建物が頑丈だったとしても、大きな揺れによって家財が被害を受ける可能性はあります。マンションでも地震保険に加入するメリットは十分あります。

マンションの火災保険料は?

火災保険の保険料は、補償内容にもよりますが、地震保険も含めると年間数万円から十数万円程度が必要です。一見高いと感じるかもしれませんが、万が一火災や水災で家がダメージを受ければ数千万円という損害が発生します。損害が生じたときの金額が大きくなるからこそ、保険料が高くても保険に加入する意義はあるといえます。

保険料は建物の構造や広さなどにより決まる部分もありますが、補償範囲や内容は自分で選択でき、家財保険の保険金額も任意に決めることができます。そのような任意項目で、保険料を調整することが可能です。

マンションの火災保険料はリーズナブルなケースが多い

火災保険は設定する保険金額だけでなく、立地や建物構造によっても保険料が変わってきます。火災に強い建物や、水災や土砂崩れの危険性が低い地域であれば、損害リスクが低い分保険料を安く設定できるからです。

建物構造は、「コンクリート造」「鉄骨造」「木造」に大別でき、規模が大きく構造のしっかりしているマンションは、基本的に戸建て住宅よりも保険料が安くなります。

また、耐震性の高いマンションであれば、保険料の割引制度が適用される可能性も高いです。入居マンションが「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく免震建築物であれば、保険料が50%になる可能性があります。

 

マンションの火災保険は共用部分と専有部分に分かれる

戸建て住宅と違い、マンションの建物は「共用部分」と「専有部分」に分かれます。

  • 共用部分:エレベーターやエントランスなど、住民全体で使用・管理する部分
  • 専有部分:居住している部屋(壁の内側の面積を基準とする「上塗り基準」と壁の中心線を基準とする「壁芯基準」がある)

自分で加入した保険の補償は、専有部分に限られます。一方、共用部分に対してはマンション管理組合で加入する火災保険が補償します。

マンション共用部分の火災保険とは

共用部分の火災保険料は、居住者が負担する管理費が原資となります。自分の支払ったお金がどのように使用されているのかを知るためにも、内容を把握しておきましょう。

マンション共用部分の火災保険だからといって、特殊な内容ではありません。建物の評価額に応じて保険金額が決定することや、地震保険を任意で付帯できる点も同じです。また、通常の個人向け火災保険と同じように、補償内容やオプションを取捨選択できる商品が多いです。

  • どのような補償があるのか
  • 地震保険は付帯されているか

このような点をチェックし、補償内容に不足する部分があると感じたら管理組合に掛け合ってみることをおすすめします。組合が決めたことに対して意見を主張するのは気後れするかもしれませんが、補償がなくて困るのは、ほかでもないそのマンションの住民です。

また、補償内容と保険料が釣り合っているかも重要です。もしも保険料が相場より高ければ、保険の変更を提案してみるのもよいでしょう。

 

マンションでも火災保険の必要性は高い

火災保険の補償は、火災時に限らず、そのほかにも多くの災害や事故による損害を担保してくれます。「マンションは火災に強いから」という理由で火災保険の必要性を否定せず、加入を検討したいですね。火災保険のカバー力を知ったうえで、よりよい保険を選びましょう。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧