医療保険を探す

健康保険には複数の種類がある!いまさら聞けない健康保険の基礎知識

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

健康保険に種類があるのをご存じですか? 複数の種類がある健康保険を3つに大別して分かりやすく説明します。 種類が分かったら、ご自身の健康保険の種類を確認してみましょう。健康保険の種類は保険証を見て確認できます。健康保険の種類が分かると、いざというときにどのような保険給付が受けられるのかが分かります。また、会社勤務していたときは退職した後の健康保険がどうなるのかが分かります。

健康保険の種類とは

健康保険は大きくは以下の3種類に分けられます。

1.会社員や公務員などが加入する健康保険

同じ職業や就業形態についている人を対象にした公的な医療保険です。雇われているサラリーマンや公務員が加入する保険ということで、複数の健康保険との呼び方を区別するために以下「被用者健康保険」とします。健康保険事業の運営主体である保険者の違いによって主に次の3種類があります。

・組合健保……企業が単独、あるいは共同して設立して保険者となります。単独の場合常時700人以上の社員がいることが条件です。共同設立の場合は合算して常時3000人以上の社員がいないと設立ができません。主な被保険者(加入者)は大・中規模企業のサラリーマンとその扶養者です。

・協会けんぽ……組合健保を設立しない企業のサラリーマンを対象とした健康保険で全国健康保険協会が保険者として運営しています。主な被保険者は中小企業のサラリーマンとその扶養者です。全国健康保険協会は船員とその扶養者が対象の「船員保険」も運営しています。

・各種共済組合……大きく分けると国家公務員とその扶養者が対象の「国家公務員共済組合」、地方公務員とその扶養者が対象の「地方公務員共済組合」、および私立学校の職員とその扶養者が対象の「私立学校教職員共済」があります。

2.主に自営業者などが加入する国民健康保険

国民健康保険(以下、「国保」)は、被用者健康保険に入っている方やその扶養者以外の主に自営業の方と、会社を退職し、会社の健康保険を任意継続せずに脱退した方が加入しています。国民健康保険は各市町村(平成30年より都道府県)が運営しています。保険料率は各自治体によって異なります。また、同じ種類の職業についている人を組合員とする国民健康保険組合(以下、「国保組合」)があります。医師、薬剤師、弁護士、土木建築業従事者などがそれぞれに国保組合をつくっています。

3.後期高齢者医療制度

75歳以上の方と、65歳以上75歳未満で一定の障がいがあり、運営主体の保険者である広域連合の認定を受けた方が加入する医療制度です。広域連合は後期高齢者医療制度を運営するために都道府県ごとに設立されています。条件を満たせば被用者健康保険、国保の加入者もすべて後期高齢者医療制度に移行します。保険料の徴収は市町村が行い、各広域連合で保険料は異なります。

あなたの健康保険の種類は? 健康保険証からの見分け方

あなたの健康保険を見てください。「保険者番号」「保険者名称」が書かれています。保険者とは、健康保険を運営している主体です。また、「保険者番号」は被用者健康保険の場合は8ケタの数字です。最初の2つの数字は法別番号といい、この数字で加入している健康保険の種類が分かります。
健康保険の種類と、「保険者番号」、「保険者名称」との対応は以下のとおりです。

主な被用者健康保険

保険者番号「01」:協会けんぽ……保険者名称「全国健康保険協会 〇〇支部」(「〇〇」には都道府県名が入ります)
保険者番号「02」:協会けんぽ(船員保険)……保険者名称「全国健康保険協会 船員保険部」
保険者番号「06」:組合健保……保険者名称「〇〇保険組合」(○○には会社名などが入ります)
保険者番号「31」:国家公務員共済組合……保険者名称「〇〇共済組合」(○○には省庁名などが入ります)
保険者番号「32」:地方公務員共済組合……保険者名称「〇〇共済組合」(○○には都道府県名や市町村名が入ります)
保険者番号「33」:地方公務員共済組合(警察共済組合)……保険者名称「警察共済組合」
保険者番号「34」:地方公務員共済組合(公立学校共済組合)と日本私立学校振興・共済事業団……保険者名称「公立学校共済組合」または「日本私立学校振興・共済事業団」

国保

国保……保険者名称「〇〇市」(市区町村名が入ります)・保険者番号は6ケタです。法別番号はありません。
国保組合……保険者名称「〇〇国民健康保険組合」・保険者番号は6ケタです。法別番号はありません。(○○には業種名などが入ります)

後期高齢者医療制度

保険者番号「39」:後期高齢者医療制度……保険者名称「〇〇県後期高齢者医療広域連合」(「〇〇」には都道府県名が入ります)

健康保険は種類によってどのような違いがあるの?

健康保険は、年齢により窓口で負担する医療費の割合が違ってきますが、原則は健康保険の種類には関係なく3割負担で変わりません。しかし負担する保険料や健康保険で給付される給付金種類や保険料には違いがあります。主な違いについて説明します。

被用者健康保険

被用者健康保険では、病気やケガの療養のために休業したときに支払われる「傷病手当金」、産前・産後に休業したときに支払われる「出産手当金」と「出産育児一時金」などが給付されます。そのほかにも被保険者が亡くなったときに「埋葬料」が、被扶養者が亡くなったときには「家族埋葬料」が給付されます。さらに、被用者健康保険組合ごとに独自で行う「付加給付」があります。「付加給付」の内容は、各被用者健康保険組合によって異なります。例えば、1ヶ月の医療費の自己負担額が高額になった場合、「高額療養費」によって定められた金額を超過した金額が戻ってきます。これはどの種類の健康保険でも同じですが、被用者健康保険組合では一定の金額をさらに付加して給付しています。そのほかにも、「出産育児一時金」や「埋葬料」が増額されて給付されることもあります。

また、事業主と被保険者の負担割合を独自に定められるため被保険者の保険料の負担を少なくもできます。さらに予防接種代を負担するなどの保険事業を行っています。これらはそれぞれの被用者健康保険組合の規約によって異なります。詳しくは被用者健康保険の規約を確認してください。

被用者健康保険では、業務が原因で生じたケガや病気の治療については、原則として健康保険ではなく労災保険で治療費が負担されます。

国保

「出産育児一時金」「葬祭費(被用者健康保険の「埋葬料」と同じ)」は法定任意給付(原則、行うべきですが、理由があれば行わなくてもよい給付)とされています。「傷病手当金」「出産手当金」は任意給付(給付を行うかは保険者の自由で、条例や規約で定める給付)となっており、こちらの給付が行われている市町村は多くありません。保険料は市区町村(平成30年より都道府県)によって異なります。

被用者健康保険との大きな違いは、被用者健康保険にある扶養者の概念がなく、夫に扶養されている妻であっても国保に加入しなければなりません。

後期高齢者医療制度

被用者健康保険や国保と大きく異なるのは、医療費の負担が3割ではなく1割負担になることです(※ただし現役並みの収入がある人は3割負担になります)。そのほか、「出産手当金」「出産育児一時金」はなく「葬祭費」は法定任意給付です。「傷病手当金」は任意給付です。都道府県によって保険料が異なります。

なお、健康保険による給付の内容は変わる可能性があります。

まとめ

健康保険には複数の種類があります。健康保険の種類によって、保険料や保険給付が異なります。自分の保険種類を知って、いざというときの保険給付、実際の保険料、将来の健康保険について考えてみてください。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧