自動車保険を探す

自損事故とは?自損事故保険に入るとどのような保障が受けられる?

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

運転中にガードレールにぶつかってしまった、停車中の車にぶつかってしまった、等、ドライバーの方自身のみに責任がある事故を自損事故といいます。

自損事故を起こしてしまった際にはどのような保険が使えるのでしょうか?

また、保険による補償はどうなるのでしょうか?

自損事故の特徴と自損事故保障について解説していきます。

保険相談なら『イオンのほけん相談』

一概に自動車保険といっても、『どの保険を選べばいいかわからない』『保険の補償内容は何を基準に判断すればいいかわからない』な疑問をお持ちではないでしょうか?

自動車保険でお困りの方は一括お見積り(無料)、もしくはイオンのほけん相談の店舗でお気軽にご相談ください!


自損事故とは?

自損事故とは、ドライバーの不注意や運転ミスによってガードレールにぶつけてしまった場合など、事故を起こしたドライバーに100%の責任がある事故を指します。

自損事故の多くは「相手がいない事故」ですが、「(事故の相手はいるものの)相手に過失がない事故」も含まれます。それぞれの具体例を見てみましょう。


「相手がいない事故」の具体例

  • 電柱やガードレールへの衝突事故

    バックしている際の壁等への衝突事故

    車線からはみ出して走行したことによる転落事故

「相手に過失がない事故」の具体例

  • 停車中の車への衝突事故

    センターラインを超えて走行したことによって生じた事故

このような自損事故は、上記の通りドライバーにすべての責任があります。

そのため、同乗者が負ったケガには自動車賠償責任保険が適用されますが、ドライバー自身のケガは自動車賠償責任保険の適用外となってしまいます。

これは、自動車賠償責任保険が被害者の救済を目的としているためです。

相手がいる事故であれば、相手が加入している保険から治療費等が出ると思われるかもしれませんが、自損事故の場合には相手に一切の過失がありませんので、事故を起こしたドライバーがケガや死亡した場合でも、相手が加入している自動車賠償責任保険や任意の対人保険による補償は受けられません。

すなわち、自損事故を起こしてしまうと、基本的な保険に加入していたとしても補償の対象外となってしまう場合があるのです。


自損事故のための保険「自損事故保険」とは?

自損事故保険の特徴

自損事故を起こしてしまい、ドライバー自身への補償が自動車賠償責任保険等の対象外となってしまった…こんなケースで役立つのが自損事故保険です。

自損事故保険に加入することで、自損事故においてドライバーが負ったケガの治療費等に対しても保険金の支払いを受けることができます。

どのような補償を受けることができるのか、具体例を見てみましょう。

支払われる保険金の例

  • 死亡保険金

    ドライバーの方が死亡した場合に支払われます。

    入院・通院の医療保険金

    ドライバーの方が負傷した場合の通院・入院に伴う医療費が支払われます。

    後遺障害保険金

    ドライバーの方に後遺障害が生じた場合に支払われます。

    介護保険金

    ドライバーの方に重度後遺障害が生じ、将来介護を要すると認められた場合に支払われます。

このように、自損事故保険に加入しておくことで、自損事故を起こしてケガや障害を負ってしまった際でも医療費等の高額な支払いを免れることができます。

自損事故保険は、ドライバー自身を守るための保険なのです。

自損事故保険の注意点

①補償内容が限定的

自損事故保険は、上記のように自損事故を起こしてしまったドライバーのための保険です。

そのため、人身傷害保険や搭乗者傷害保険といった別の保険との補償内容が被らないよう、ドライバーの方を守る最低限の補償となっています。

自損事故で破損した自身の車や公共物等の修理代や、自損事故の相手方への補償は対象外となっているため、注意が必要です。

なお、自損事故に対する補償があらかじめ人身傷害保険に含まれている保険会社もありますので、すでに加入している保険がある場合は内容を確認してみるとよいでしょう。

②補償を受けるための条件

自損事故保険の補償を受けるためには、事故の後速やかに警察に届出をし、「交通事故証明書」の交付を受ける必要があります。

この証明書なしでは、保険会社に対して保険金の請求手続きを行うことができません。

また、自損事故がドライバーの故意または重大な過失によって生じた場合には、補償の対象外となってしまいます。たとえば、以下のような場合が挙げられます。

  • 無免許運転

    麻薬などの影響で正常な運転ができないおそれがある状態での運転

    酒気を帯びた状態での運転

    自動車を競技・曲技のためなどに使用すること、または、これらを行うことを目的とする場所において使用することによって生じた損害またはケガ等

③保険の等級が下がる

自損事故で保険を使った際には、保険契約者の自動車保険の等級が3等級下がり、元の等級に戻るまで最低3年間かかってしまう場合があります。


各保険会社の自損事故保険について

自動車保険を取り扱っている多くの保険会社が、自損事故に対応した保険商品を扱っています。

自損事故保険が基本補償として自動車保険に含まれているかどうかは保険会社によって異なりますので、注意が必要です。

自損事故保険が特約となっている場合もあります。

また、保険会社によっては自損事故保険を人身傷害保険の中に含んでいる場合もあります。

自動車保険未加入の場合はもちろん、すでに加入している自動車保険がある場合も、補償内容を見直してみて、必要に応じて自損事故保険に加入しておくと安心ですね。

保険相談なら『イオンのほけん相談』

自動車保険でお困りならイオン保険にご相談ください!

一概に自動車保険といっても、『どの保険を選べばいいかわからない』『保険の補償内容は何を基準に判断すればいいかわからない』などの疑問をお持ちではないでしょうか?

全国のイオンショッピングセンター内に115店舗展開するイオンのほけん相談の店舗で無料で保険相談に加え、自動車保険の一括お見積りをネット上で無料で行うこともできます!

22社の豊富な保険商品を取扱っており、お客さまにびったりな保険のプランが見つかることでしょう。

自動車保険でお困りの方は一括お見積り(無料)、もしくはイオンのほけん相談の店舗でお気軽にご相談ください!

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧