自動車保険を探す

条件に当てはまればメリット多し!イーデザイン損保の自動車保険

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

自動車保険を見直す時期になると、どの保険がいいのか迷うことはありませんか? 自動車保険を扱う会社は数が多いですが、ここでは無事故、かつ走行距離が少ない人におすすめのイーデザイン損害保険株式会社(以下、イーデザイン損保)の自動車保険をご紹介したいと思います。

イーデザイン損保の自動車保険の特色とは?

損保とは、損害保険の略称です。損害保険がカバーするリスクは幅広く、種類としては火災保険や傷害保険のほか、最近ではペット保険なども登場しています。このようにさまざまな損害保険のうち、車を運転する人にとって欠かせないのが自動車保険です。車を保有する場合、必ず自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)に加入しますが、賠償額に制限がある、補償範囲が狭いなどの理由から、通常は任意で民間の自動車保険に加入します。この任意の自動車保険は、補償内容を自由に選択できるものが多いですが、サービスや商品内容も会社ごとに特色があります。さっそく今回のテーマであるイーデザイン損保の自動車保険について見ていきましょう。

多彩な割引が光る!イーデザイン損保の自動車保険

  • ダイレクト型で保険料が割安

    ダイレクト型とは通販型のことです。代理店型に対してこう呼ばれています。イーデザイン損保の自動車保険もこのダイレクト型です。ダイレクト型は、代理店型よりも保険料が割安な傾向にあります。

    申し込みや見直しが楽

    見積もりや申し込みは、インターネット上でも電話でも、土日祝日を問わず行えます。忙しい人にとってはうれしいですね。

    インターネット割引

    インターネットで申し込むと割引があります。見積もりは電話だったとしても、インターネットで申し込みを行えばインターネット割引が適用されます。割引額は、定額「10,000円」で、保険料の金額にかかわらず適用されます。また、新規加入時だけでなく更新時にも割引を受けることができます。

    無事故割引

    イーデザイン損保で契約してから1年間無事故の方を対象に、次回更新契約の保険料が2%割引されます。

    早割・証券e割

    保険開始日の45日前までにインターネットで契約した場合は「早割」を、保険証券を発行不要の場合は「証券e割」を受けられます。それぞれ500円の割引となります。

    新車割引

    登録してから25ヶ月以内の車である場合、車両保険や対人・対物賠償責任保険などに「新車割引」が適用されます。

    セカンドカー割引

    すでに自動車保険に加入している人が、2台目以降の車を新たに契約する場合に適用されます。ただし、セカンドカー割引の適用には、条件を満たす必要があるので事前に確認しましょう。

    継続割引

    イーデザイン損保で契約2年目以降となる場合、契約年数に応じて保険料が割引されます。契約年数に応じて割引率はアップします。

    こうして特色を見ると、割引が豊富なことがわかります。また、保険料は事故の有無や走行距離などに応じて決まるので、優良ドライバーやあまり車に乗らない人にとってはさらに割安になります。実際、自分の場合は保険料がいくらになるのか、見積もりしてみるといいですね。

イーデザイン損保の自動車保険、その商品性は?

保険料のおトクさをご紹介しましたが、自動車保険は商品性も重要です。商品内容はどのようなものなのでしょう。

以前は自動車保険というと、対人対物といった「相手方への補償」がメインでした。しかし事故は自分自身も経済的、肉体的ダメージを負うことがありますし、必ずしも相手があるとは限りません。イーデザイン損保の自動車保険では、対人対物にとどまらず自分に対してもしっかり補償があります。

イーデザイン損保の自動車保険のうれしい特約

運転者自身や同乗者を補償するのが人身傷害補償保険ですが、イーデザイン損保の自動車保険の場合はプラスして、以下の特約もつけることができ、人身傷害補償保険のお支払い対象となる事故の場合に補償が受けられます。

  • 入院時諸費用特約 事故により、死亡または3日以上入院した場合に、差額ベッド費用や看護のための宿泊費、ホームヘルパー費用などを補償

    育英費用特約 事故により親権者となっている扶養者が死亡した場合などに、子どもの育英費用を補償

    女性のお顔手術費用特約 事故により女性が顔、頭、首にケガをし、所定の手術をした場合の手術費用を補償

車両保険に加入している場合につけられる特約は以下になります。車両保険のお支払い対象となる事故の場合に補償が受けられます。

  • 車両全損時諸費用特約 事故で車が全損になったときに、廃車や買い替えにかかる諸費用を補償

    車両新価保険特約 新車なのに事故(盗難を除く)で大きな損害を被ってしまった、という場合に買い替える費用を補償

    事故時レンタカー費用特約 事故により車が修理などで使用ができなくなった場合のレンタカー費用を補償

    車載身の回り品補償特約 事故により車内の個人所有の身の回り品に損害が生じた場合を補償

特約は付帯しすぎると保険料が高くなりがちですが、各種割引で保険料が抑えられるのならば、その分こういった特約を検討するのもよいでしょう。特約は補償範囲が決まっており、内容を理解するのが難しいものも多いですが、イーデザイン損保ならば土日祝日も電話問い合わせに対応しています。商品内容に疑問が生じた際にすぐに問い合わせができるのは便利ですね。

弁護士費用等補償保険に注目!

イーデザイン損保で注目したいのが「弁護士費用等補償保険」です。通常の自動車保険では、被保険者に全く責任がないもらい事故の場合、保険会社が被保険者に代わって相手方と交渉をすることはできません。過失があってこその示談交渉となるためです。責任がない場合の示談はない、と考えておくといいでしょう。

しかし過失がなくとも、相手方が必要な補償を行わなければ調停や訴訟が必要になる場合があります。イーデザイン損保の弁護士費用等補償保険では、こういったこちらに責任がない事故の場合でも必要な弁護士費用を補償しますので、相手方との交渉を弁護士に任せられます。しかもこの保険は、すべての契約についている「自動付帯」なのです。特別に加入しなくとも初めから補償がついているため安心です。

気になる事故対応は?

イーデザイン損保の自動車保険は事故対応にも定評があります。まず、24時間365日いつでも事故受付が可能です。また受付だけでなく、実際に動いてくれる「初期対応」もその日のうちに行っています。初期対応とは、代車手配、医療機関・修理工場への連絡などですので、早ければ早いほど助かります。また、事故受付後の対応から解決に至るまで、専任担当者が対応してくれますので、頼れそうです。

事故時以外のトラブルにも対応

ロードサービスはレッカーサービスもあるほか、バッテリー上がりやカギ開けなどの応急作業でも頼れます。ガス欠時のガソリン配達サービスも無料で受けられるのも魅力的なサービスのひとつです。

興味を持ったら保険料を確認しよう

対面販売でない保険の場合、保険の内容を理解するのが難しかったり、事故対応に不安を感じたりするかもしれません。しかし、わからないことは問い合わせればよいことです。イーデザイン損保は事故対応も充実しています。気になる方は、一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

※イーデザイン損保の自動車保険に関する詳細は、イーデザイン損保のWebサイトをご確認ください。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧