結婚が決まったらまず何をすればいい?挙式までの準備

  • ライフステージ
  • share
  • Tweet
  • LINE

愛し合う恋人同士にとって、プロポーズは夢のような瞬間でしょう。しかし、いざ入籍する、結婚式を挙げるとなると、現実的に話し合わなければいけないことが出てきます。何から進めていけばいいのでしょうか。準備として、スケジュールや費用の目安などを紹介します。

第一のミッションは親への紹介

結婚で一番大事なのは当人たちの気持ちですが、それぞれの家族とのつながりも大切ですよね。当人たちの結婚の意思が固まったら、両家の親にあいさつするのが一般的でしょう。きちんとした格好が望ましい、という親もいれば、堅苦しいのは苦手なのでラフにしたいという親もいます。当人たちの好みはもちろん、両家の家風や希望なども踏まえ、全員が納得するかたちをとりたいところです。

2人の意思とリサーチが肝心

あいさつの前に、結婚式や結婚後に関する方向性を決めておきましょう。例えば、以下のような事項です。

  • 結納、挙式、披露宴をやるかどうか

    新婚旅行の有無や時期

    結婚後、住まいや仕事をどうするのか

詳細に決める必要はありません。「まだそこまで考えられない」という場合は、プランの候補を挙げておくだけでもいいでしょう。親と相談しながら決めるという選択肢もあります。ただし、結納や挙式に対する常識は、地域や家庭によって異なるため、できるだけ事前にリサーチしておくことをオススメします。

結納や挙式、披露宴の準備はいつから?

では、実際に結納や挙式、披露宴を行う場合は、いつからどのように段取りすればいいのでしょうか。

結納の準備

結納は、挙式の3~6か月程度前の吉日に行うのが一般的で、仲人を通じて結納品を納め合うのが正式です。しかし、近年は仲人を立てないことが多いようで、結納品の数を減らしたり、結納金のみにしたりする、いわゆる「略式結納」が主流。やり方に正解はないので、両家でよく話し合って納得のいく方法で行いたいですね。なお、結納の省略を男性側から提案すると失礼にあたることが多いので注意しましょう。

挙式・披露宴の準備

通常、まずは結婚式場を予約します。予約は半年前が目安ですが、人気のシーズンや式場の場合は1年前に予約することも。日取りと式場が決まったら、いよいよ準備開始です。主な項目を紹介します。

  • 招待客のリストアップ&発送

    引き出物や小物などの決定

    衣装やブーケ選び

    披露宴のBGM選びやプログラムの作成

このほかにも、写真撮影や2次会に関することも決めなくてはならず、準備自体には半年程度かける人が多いようです。

新居への引っ越しや入居は挙式の前、新婚旅行は挙式の少しあとというケースが多いようですね。ちなみに、最近では、挙式と同時に入籍というかたちにこだわる人はあまり多くありません。当人たちのライフスタイルに合わせて決めるといいでしょう。

挙式・披露宴のお財布事情

挙式や披露宴のお値段も気になるところ。ゼクシィの調べによると、平均額は以下の通りです。

  • 挙式、披露宴・披露パーティ総額は平均359.7万円

    2人の自己負担額は143.2万円

    親・親族からの援助があった人は72.6%で、援助総額は166.9万円

※ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ

実際にどのくらいお金をかけるのかは、当人たちの経済事情に合わせて決定しましょう。注意したいのは支払い方法です。「前払い」「当日払い」「後日払い」など、式場によって異なります。支払いの時期と方法をきちんと確認しておかないと、清算時に慌ててしまうかもしれません。カード払いの場合も上限額を上回る可能性がありますので、支払い可能かどうかを事前にしっかり確認しておきましょう。

成人であれば、結婚は基本的に当人たちの問題です。でも、両親の意向もあるでしょうし、費用面の準備も必要ですね。せっかくのイベントなので、成功させて一生のすてきな思い出になるようにしたいものです。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧