年金がどんどん減っていく時代。今の貯蓄だけで大丈夫?

  • 心配事
  • share
  • Tweet
  • LINE

まだお子さんのいない、ともに30歳になったばかりのDさん夫婦。今後、子どもは1人か2人、もうけたいと思っていますが、それよりも気になるのが、将来に対する不安。もしかしたら、年金がぐっと減らされるかもしれない若い世代の夫婦にとっては、老後のために備えておきたいという声が多く聞かれます。

個人年金保険とは?

個人年金保険とは、保険という名前がついていますが、実質的には金融商品のひとつです。万が一、年金を受け取ることができる前に亡くなってしまったとしても、死亡保険金として保険金受取人に支払われます。病気やケガを保障するといったものではありません。定額年金と変額年金の2種類がありますが、現在では、定額年金がほとんど。定額年金とは、受け取れる金額が決まっていて、元本割れがありません。利率的には、銀行の普通預金とそれほど変わりませんが、安心して預けることができます。

個人年金のメリットとデメリット

個人年金のメリットは、毎月、一定の貯蓄ができるということ。毎月コツコツと貯蓄するのが苦手という方には、心強い商品といえます。普通預金は、気軽におろすことができますが、個人年金保険は支払が終わる前に中途でやめてしまったり、解約すると元本割れするというデメリットもあるので、ねばり強く貯蓄できるはず。また、個人年金保険料の一部は、控除額として所得税から差し引くことができるため、これで所得税や住民税を軽減することができます。ただし、その場合は年金受け取り期間が10年以上となる必要があるので、ご注意ください。

個人年金保険に入っている人の実態とは?

個人年金保険に入っている人は、全体の20%強。5世帯に1世帯が入っている計算になります。将来のために、30代から始めようとしているDさん夫婦は、まだまだ少数派で、一番多いのは50代の30.7%という結果でした。

世帯加入率 基本年金額(世帯合計) 世帯年間払込保険料 世帯年問払込保険料
平成
24年
22.9% 117.9万円 19.3万円 19.3万円
平成
21年
22.2% 111.9万円 18.9万円 18.9万円
平成
18年
21.8% 95.8万円 21.6万円 21.6万円
平成
15年
25.1% 89.8万円 18.4万円 18.4万円

出典:生命保険文化センター 平成24年度生命保険に関する実態調査

29歳以下 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60~69歳 70歳以上
加入している 3.7% 15.4% 26.9% 30.7% 22.7% 18.1%
加入していない 92.6% 82.1% 69.3% 65.9% 68.7% 73.9%

出典:平成21年度生命保険に関する全国実態調査

女性特有の病気とは?

30代では、まだまだ入っている人が少ない保険でしたが、思いきってDさんご夫婦は、個人年保険に加入。支払は60歳からで10年間受け取れるものにしました。国からの年金受け取り開始年齢が65歳の現在、60歳から受け取れる個人年金は、とても心強い味方。「もしかしたら、私達が年金を受け取る頃には、国の年金は70歳からしか受け取れないんじゃないか、なんて夫婦で心配していましたが、個人年金保険があることで、少し気持ちがラクになりました」とDさんご夫婦。個人年金保険でしっかり老後に備えて、その他のお金は趣味や、将来の住宅購入や出産のために使えたらいいですね!

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

  • 心配事

    年金がどんどん減っていく時代。今の貯蓄だけで大丈夫?

    まだお子さんのいない、ともに30歳になったばかりのDさん夫婦。今後、子どもは1人か2人、もうけたいと思っていますが、それよりも気になるのが、将来に対する不安。もしかしたら、年金がぐっと減らされるかもしれない若い世代の夫婦にとっては、老後のために備えておきたいという声が多く聞かれます。 個人年金保険とは? 個人年金保険とは、保険という名前がついていますが、実質的には金融商品のひとつです。万が一、年金を受け取ることができる前に亡くなってしまったとしても、死亡保険金として保険金受取人に支払われます。病気やケガを保障するといったものではありません。定額年金と変額年金の2種類がありますが、現在では、定

  • 心配事

    女性特有の病気や手術。自分は大丈夫!と安心していませんか?

    Eさんが待望の第一子を産んだのが、35歳の時。E子さんは、無痛分娩を選びましたが、その途中で胎児の状態が急変。緊急帝王切開となりました。思いがけない手術による出産にEさんはショックを受けていましたが、さらに追いうちをかけたのが、手術と入院がのびることによる費用の増加。けれど、そんなEさんの気持ちを救ったのが、たまたま入っていた女性特約付きの医療保険でした。 保険のありがたみを実感したE子さん E子さんが、医療保険に入ったのは、結婚した10年前。結婚10年でやっと赤ちゃんを授かったことに夫婦は大喜びしました。無痛分娩で人気の病院で産むことがE子さんの夢でしたが、まさかの緊急帝王切開による出産。

  • 心配事

    子供が大きくなってからの教育費、ちゃんと準備できていますか?

    中学生1年生と小学生2年生、2人のお子さんをもつCさんのお宅では、中学に進学してから子供の教育費が一気に増えたのを実感。Cさんのお子さんは公立の中学に入ったものの、週に2回の塾通い。今から高校受験に向けた勉強をスタートさせているといいます。おそらく、大学は本人の希望で私立になる予定。そこから大学卒業までの費用は、高校3年間約297万円、大学理系4年は約518万円。800万円以上の金額が必要となります。「上の子の教育費は、これまでの貯蓄でなんとかなるものの、下の子の分はどうしよう」というのが、Cさんのもっかの悩みです。そこで、学資保険について真剣に考えはじめました。 お子さんのいる家庭に重くの

カテゴリー一覧