損害保険を探す

いつ、どこでケガをするか分からないからこそしっかり対策!

  • 心配事
  • share
  • Tweet
  • LINE

子供や同居しているお義母さんのケガの保険を探しているというC子さん。数ある保険の中からどんなものを選べばいいのか、悩んでいるそうです。ところで、ケガの保険とは、どういうものなのでしょうか?

ケガの保険って何?

ケガの保険とは、一般に事故やアクシデントなどで、ケガをした場合に補償されるものです。病気については、補償対象外となります。賠償事故補償の対象になっているのが一般的で、自分が起こした事故で自分だけでなく、相手をケガさせてしまった時なども補償してくれます。

どんな時に補償されるの?

一般的には、万が一の事故の場合のケガを補償します。次のような場合です。

  • 料理中にやけど
  • バイクで転倒して骨折
  • 階段でつまずいて捻挫
  • 自転車で転んで打撲
  • 地震で家具が倒れて骨折

もちろん、その他にも、生活している中の思いがけないケガ全般を広く補償します。

どんな補償があるの?

一般的には、事故が起きた日からの入院、通院補償。さらに、それに伴う手術や死亡、後遺障害補償。そして、個人賠償責任がたいてい1億円は補償される保険タイプが多くみられます。

賠償責任補償って何?

賠償責任補償とは、自分が起こしてしまった事故で被害を与えてしまった場合に補償されるものです。具体的には次のような場合がそれにあたります。

  • 自転車で他人と接触してケガをさせてしまった
  • 子供がスポーツ中に相手にケガをさせてしまった
  • マンションのベランダから誤ってモノを落として通行人をケガさせてしまった
  • 店内で高額なモノを破損させてしまった

家族みんなで入れるの?

基本的には、同居する夫婦、子と親族、また生計を共にする別居の未婚の子。一方、この同居というのは、各社で考え方がさまざま。二世帯住宅のように同一家屋であっても、廊下やドアでつながっていない場合は、別居扱いとなる場合もあったり、短期の出稼ぎで出ている場合は同居となったりと、その規定は細かく分かれているので、よく調べてから自分の状況に合ったものを選ぶことが大切です。

C子さんの選択は?

同じ家屋に同居しているC子さんの場合は原則的に同居と認定されるため、なんなく家族4人のケガと賠償責任を補償する保険に入ることができました。月々の補償は、2,000円代~。これなら、家計にもそれほど大きな負担にならず、「小さな子供やお義母さんのケガをカバーできて、これでひと安心」と大喜びのC子さん。もちろん、旦那さんやご自分のケガも補償もついてくるので、何かあった場合も安心して治療に専念できることでしょう。すでに、C子さん夫婦は医療保険に入っているため、入院補償もダブルで受けとりOK。「これなら、子どもやお義母さんのために、お手伝いさんを頼んだりもできますね」と、大きな安心を手にできたようです。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧