幸せな結婚生活!だけど、もしものことが起こったら、家庭はどうなるの?

  • ライフステージ
  • share
  • Tweet
  • LINE

このたび、めでたく結婚した30代のBさん。同じ会社で知り合ったそうで、奥さんは結婚後も仕事を続けていくそうです。共働きを続けるBさんご夫婦ですが、もしもの時に備えて保険に入っておくことにしました。いったいどんな保険に入るべきなのでしょうか?

どれぐらいの保障が必要なの?

必要な死亡保険金額は、どれぐらいなのでしょうか。一般的に、住んでいる家が賃貸か持家か、家計全体でどれぐらいローン(住宅や車、その他)があるか、お子さんが何人いるか、共働きかどうか、どれぐらい貯蓄があるかなどによって変わってきます。実際に、Bさんご夫婦は、賃貸でローンはなく、夫婦2人で合わせて年収800万円、貯蓄500万円、子供なし。共働きで子供がいなくて、ある程度の貯蓄もあるので、それほど大きな保障がないと生活が心配ということはありません。では実際、一般的にどれぐらい死亡保険をかけているのでしょうか。

世帯主の死亡保険金額

全体平均 1,671万円
29歳以下 1,579万円
30~34歳 2,192万円
35~39歳 2,123万円
40~44歳 2,417万円
45~49歳 2,366万円
50~54歳 2,289万円
55~59歳 1,906万円
60~64歳 1,290万円
65~69歳 850万円
70歳以上 721万円

※出典:財団法人生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」より

いかがでしたか?平均値ということもあるので、Bさんは思ったより少ないと感じたといいます。最初は4,000万円ぐらい必要かなと思ったBさんでしたが、このデータを見て2,000万ぐらいでもいいかなと感じたそうです。実際に、自分がどれぐらいの保障が必要なのかについては、保険の専門家に目安となる金額を出してもらう方法もあります。

定期保険と終身保険、どっちにする?

プロの試算によると、Bさんご夫婦には、実はそれほど保障は必要ないとのことでした。けれど、奥さんが保険に入らないのはどうしても心配ということで、1,000万円だけ入ることにしました。

今の自分の状態を考えてみよう

保険期間 月額保険料 期間中の総支払額
30歳からの10年間 1,190円 142,800円
40歳からの10年間 1,805円 216,600円
50歳からの10年間 3,355円 40万2,600円
総支払額 76万2,000円

(保険の教科書より)

終身保険の場合

保険期間 月額保険料 期間中の総支払額
30歳からの10年間 1万455円 376万3,800円

(保険の教科書より)

定期保険と終身保険の月額保険料を比べると、10倍もの開きがあります。もちろん、終身保険の場合は、払込みが完了すれば、終身保険の部分は戻ってきます。ただ、まだ30代というBさん夫婦は、「これから子供が生まれたら、保障額を見直さなくてはいけないから、今のところは掛け捨てでいいかな」と定期保険を選びました。お子さんが生まれて、奥さんが働き続ける場合と、専業主婦になってしまう場合では、また保険の保障額も変わってきます。若い世代ほど、ライフステージが変化する可能性が大きいので、その時々にあったものを柔軟に選ぶのが良さそうです。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

  • ライフステージ

    豊かな老後を過ごすために。今から始められる準備って?

    ともに40代後半のCさんご夫婦。すでに1人息子は就職して独立しています。そんなCさんは最近、勤めていた会社を早期退職して念願だった田舎暮らしをスタートさせました。保険については子供が生まれた時に同じものに入ったきり。あと5年ほどで満期を迎えます。この保険については、当時の高い利率を約束された今からみるとたいへんお得な終身保険だったため、そのまま継続。ただ、セカンドライフを始めるにあたって、若い頃から入っていたこの保険だけでは、不安になっていたのです。 民間の介護保険の内容とは? 民間の介護保険で重要となってくるのが、どんな時に介護保険金が支払われるかということ。生命保険会社は、一般的に公的な

  • ライフステージ

    新婚旅行で海外へ!でも国外はいろいろな心配がつきもの!?

    この度、めでたくご結婚され、新婚旅行は2週間ヨーロッパに行く予定だというR子さん。すると、両親から「旅行保険には必ず入っていくのよ」といわれたそう。「でも、たった2週間だし」と思っていたそうですが、旅行が近づくにつれ、心配になってしまったとのことでした。 毎年、2万人近くが海外旅行でトラブルに!? C子さんによると、日本からの観光客のうち、海外で事故・災害、犯罪被害等で何らかのトラブルに遭遇、日本の在外公館等で援護を受けた人は年間「1万9,746人」(外務省2013年海外邦人援護統計調べ)。全体の4%弱の人が

  • ライフステージ

    念願のマイホーム!だけど意外な落とし穴が...

    念願のマイホームを購入したAさんファミリー。これまで賃貸のアパート暮らしだったため、1歳と3歳の2人の子供と奥さんのことを考えて、4,000万円の死亡保障がついた終身保険に加入していました。けれど、マイホームの大半は住宅ローンで購入したため、万が一、Aさんが死亡するようなことがあっても、団信に加入しているため住宅ローンの返済が免除されることになります。そのため、Aさんは死亡保障を2,000万円に減額。これで家計も助かると喜んでいたのですが...。 働けない状況を救ってくれる保険とは? 「所得補償保険」とは、病

カテゴリー一覧