自動車保険を探す

ワンコインから入れる!?1日限定の自動車保険って何?

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

普段は運転しないけれど、親や友人に車を借りてときどき運転する機会がある、という人もいるでしょう。そんな人向けの自動車保険があるのを知っていますか? 1日単位で保険に加入できれば、いざというときに安心ですよね。

自動車保険は1日から。気軽に申し込みができる

保険は長期的に契約するイメージがあるかもしれません。1日から入れる自動車保険というのは、どんなものなのでしょう。

1日限定の自動車保険って?

スマートフォンやコンビニから気軽に申し込めるのが特徴です。対人・対物補償はもちろん、事故でケガをした場合の補償やロードアシストなどの緊急時サービス、場合によっては車の修理費用負担もあるので安心ですね。

例えば、以下のような1日自動車保険があります。

  • ちょいのり保険(東京海上日動)

    スマートフォンから手軽に申し込みができます。500円から加入することができ、車両補償の付いたプランでも1,500円からとリーズナブル。対人・対物賠償責任保険は無制限です。

レンタカー保険とは何が違うの?

レンタカーを借りる際の保険と1日自動車保険は似ていますが、基本的に家族(自分や配偶者以外)や友人の車を借りて運転するときに活躍してくれるのが1日自動車保険です。

また、レンタカー保険は多くの場合、対物補償に「免責金額」(利用者の自己負担額)(※)が決められています。事故を起こした場合は5万円から10万円程度の自己負担額が発生することも。

※ただし、一定額補償料を上乗せすれば、自己負担額をなくすことも可能。

1日自動車保険の値段と補償内容は?

では、もっと具体的に補償内容についてみていきましょう。

プランによって補償内容が変わる

一番安いもので500円程度から入れますが、補償内容によっては値段が異なるので注意しましょう。「ちょいのり保険」の例で紹介します。

  • 車両補償なしプラン

    車両補償なしプランは1日500円。当日すぐに入れるため非常に便利です。しかし、車両補償が付いていないため、事故で車の修理が必要になった場合は全て実費負担に。

  • 車両補償ありプラン

    車両補償ありの場合、初回に限り7日前までに事前登録をする必要があるので注意しましょう。1,500円と1,800円のプランがあります。1,800円のプランにした場合、車両補償の免責金額が減り、弁護士特約なども付くので安心ですね

1日自動車保険Q&A

1日自動車保険は安く入れる手軽な保険ですが、どんな人が利用しているのでしょうか。また、どんな車にも使えるのでしょうか?

どんな人におすすめなの?

  • 友人の車を借りて運転する人

    友人と一緒に旅行やドライブに行く場合、交代しながら運転することもありますよね。運転者が複数になる場合に便利です。

  • 家族の自動車保険の対象外になる人

    実家に住んでいる人でも、家族所有の車は自動車保険に「運転者年齢条件」などを付けており、保険の対象外になっていることがあるでしょう。そういう場合に適しています。

  • 保険の等級を下げたくない人

    1日だけ運転する人が自動車保険の対象になるとしても、事故を起こせば等級が下がって翌年の保険料が高くなることがあります。そうしたデメリットを回避したい場合におすすめです。

どんな車種でもいいの?

1日自動車保険の対象外となる車種もあります。例えば「ちょいのり保険」の場合、申し込み可能な車種は分類番号が3、5、7から始まり、ナンバープレートが「白地に緑文字」または「黄地に黒文字」のもの。レンタカーや法人の車は対象外なので利用できません。

また、ランボールギーニ、フェラーリ、センチュリーなど、一部の高級車も対象外となる場合が多いので、対象車種については、あらかじめよく確認するようにしてください。

帰省したときに車に乗る場合や、友人の車を借りる場合は1日自動車保険という方法があります。料金も安く簡単に申し込みができるので、自動車保険には必ず入るようにしましょう。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧