車の修理費用の相場は?どこで修理すると良いの?

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

大事な車に傷やへこみができた時、そこまで目立つものでなければ修理に出すか悩みますよね。修理費用は、損傷のできた部位や車種によっても異なってきます。また、どこに修理を依頼するかによっても金額は異なってきます。今回は、車のどんな修理をどこにお願いするのが良いのかを解説していきます。大事な車を修理に出す時の参考にしてみてください。

車の修理代①修理する部位は?

車のどの部位を修理するかによって、修理費用は大きく変わります。例えば、バンパーは主に樹脂やポリプロピレン、マフラーは主にスチールやステンレスなど、部位ごとに使用されている素材が違うためです。また、車が国産車か外国車かによっても、費用は変わってきます。外国製の車の場合、交換用のパーツを探したり、壊れた個所を取り外したりするのに手間や時間が国産車よりかかってしまうためです。

ここでは国産車に絞って、主な部位ごとに修理費用の相場を解説していきます。

  • エンジン

    エンジンの修理費用の相場は、50万円前後とされています。エンジンの修理では、ほとんどの場合エンジンそのものを交換することになります。そのため、新しいエンジンの費用および壊れたエンジンを取り外して新しいエンジンに付け替えるための費用がかかり、高額になりがちです。エンジン本体の料金は、その車の排気量に応じて高くなります。

    バンパー

    バンパーの修理費用の相場は、5万円前後とされています。板金や塗装をするだけでよいのか、新しいものと交換しなければならないかによって2万円ほど変わります。バンパーだけでなく、内部のフレームも傷つけてしまっている場合は、費用がさらに数万円かかってしまいます。

    マフラー

    マフラーの修理費用の相場は、3万円前後とされています。マフラーに空いてしまった穴を溶接するだけなら1万円前後で済みますが、新しいものと交換する場合は3万円ほどかかってしまいます。

    エアコン

    エアコンの修理費用の相場は、単なるガス漏れによる不調であればガス補充だけを行い、数千円で済むことが多いでしょう。パイプやコンプレッサの修理が必要な場合は4万円前後、新しいものと完全に交換する場合は20万円前後となっています。

車の修理代②どこで修理する?

車の修理箇所だけでなく、どこで修理をしてもらうかによっても、修理費用は大きく変わります。車を修理しようとした際、大きく分けてディーラー(販売店)に頼むか、直接民間の修理店・工場に頼むかの2パターンがあります。それぞれの長所と短所、違いについて解説していきます。

ディーラーに頼む場合

ディーラーに頼む場合のデメリットは、民間工場に頼む場合よりも費用が高額になることです。修理費が比較的高額になるのは、ディーラーでは修理箇所以外も細かくチェックしたり、質の良い修理店を紹介したりするためです。その裏返しとして、安心してサポートを受けることができる点が、ディーラーに修理を頼む最大のメリットといえます。各店舗専属の修理店を持っていたり、純正品で部品交換をしたりしてくれます。

民間工場に頼む場合

民間工場に修理を頼む最大のメリットは、ディーラーを介さず直接修理業者に依頼することで、修理費用が比較的安く済む点にあります。しかし、店によって品質に差があったり、修理後の保証期間がない場合があったりする点がデメリットといえます。また、修理期間中の代車がなかったり、平日しか営業していないところが多かったりするので、サポートの点でいえばディーラーに劣っている場合が多いでしょう。

車の修理はどこでするのがいいの?

ディーラーに頼む場合と民間工場に頼む場合を比較して、それぞれのメリット・デメリットについて説明しました。金銭的余裕がある、あるいは今使っている車をできるだけ完璧に修理したい、という場合にはディーラーに頼み、反対に安く済ませたい場合には近くの民間工場に頼むと良いといえます。先述したとおり、民間工場のサービスやサポートの質は様々なので、家の周りに複数候補がある場合は、よく調べてから慎重に選びましょう。

民間工場を選ぶポイント

民間の自動車整備工場には、「認証工場」と「指定工場」の二種類があるのはご存知でしょうか。自動車の修理・整備をするには道路運送車両法第78条第1項により、地方運輸局長の「認証」を受けなければなりません。この認証を受けた工場を「認証工場」といいます。
さらに、認証工場のうち、車検を行う権利を持つ工場を「指定工場」といいます。民間の修理工場が指定を受けるには、国の厳しい基準を満たす必要があるので、指定工場は高い技術力を持っていると考えられます。
指定工場には「指定自動車整備事業」と書かれた標識があるので、工場を探す際には、この標識があるかどうかを基準にしてもいいでしょう。

車の修理に保険を使うべき?

せっかく車両保険に加入しているのだから、車の修理費用を保険で払おう、と考える方もいらっしゃると思います。しかし、2013年のノンフリート等級制度の改定により、保険から修理費用をまかなうよりも、自腹で支払ったほうが結果的に安く済む、といったケースが増えました。これはどのようなことなのでしょうか。

改定により何が変わったの?

上記の改定により、従来の場合「等級すえおき事故」とみなされていたものが「1級ダウン事故」とみなされるようになり、同じ等級でも事故経験有りか無しかによって保険料の割引率に差が生じるようになりました。つまり、従来であれば等級すえおきであった事故を前年に起こして11級からダウンした10級と、無事故で9級からアップした場合の10級では、年間の保険料が大きく変わってしまうようになったのです。

等級が下がってしまうことによる保険料の上昇金額と、事故による車の修理費を自腹で支払う場合とを比較して、どちらがお得かはケースバイケースであるといえます。

まとめ

いかがだったでしょうか。修理箇所や保険、金銭面などに応じて、それぞれに合った修理方法を選ぶことが大切です。自動車事故はいつ起こるかわからないので、家の近くで質の高い修理工場を探しておくなど、普段から備えておくと良いかもしれません。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧