生命保険を探す

団体信用生命保険とは?特徴と保障内容について解説します

  • その他
  • share
  • Tweet
  • LINE

住宅ローン契約時に加入が義務付けられていることが多い団体信用生命保険。団体信用生命保険は住宅ローンと一緒に申し込みをすることが多いため、保障内容の把握や、それぞれのライフスタイルとマッチしているかの検討が十分にできていないままのケースも多いのではないでしょうか。果たして、万が一事故にあったり病気になったりした時、団体信用生命保険に加入してさえいれば大丈夫なのでしょうか? 住宅ローンは金額も多いので、もしもの場合に備えておくことは大切です。今回は団体信用生命保険の保証内容と団体信用生命保険の代わりになる保険について解説していきます。

団体信用生命保険とは?

はじめに、団体信用生命保険の概要について解説します。団体信用生命保険は、数ある生命保険の中でも住宅ローンの返済に特化した保険です。団体信用生命保険は、住宅ローンを借りた人が、そのローンを全額返済できないうちに死亡もしくは所定の高度障害といった不測の事態に陥り、ローンの返済が困難になってしまった際に、そのローンを保険会社が被保険者の代わりになって金融機関に返済するという保険です。つまり、団体信用生命保険は住宅をローン付きで購入した人が、万が一返済困難になってしまった際でもローンを完済できるようにするための保険です。団体信用生命保険はローンの支払いを保証する保険であるため、住宅ローン契約時に加入が義務付けられている場合が多くあります。

では、団体信用生命保険はどのような仕組みになっているのでしょうか?


団体信用生命保険におけるお金の流れは上図のようになっています。金融機関から住宅ローンを借りた被保険者は、その返済金を金融機関に支払い、金融機関は保険料を保険会社に支払います。そして万が一被保険者がローンを返済できなくなってしまった場合には、保険会社が金融機関に保険金を支払います。このように、団体信用生命保険は、住宅ローンを組んで購入した被保険者と保険会社の間にローンを融資した金融機関を通すことで機能しています。

団体信用生命保険の種類

団体信用生命保険にはいくつかの種類があります。では、実際にどのような保険があるのでしょうか? 具体的にいくつか見ていきましょう。

機構団体信用生命保険(機構団信)

機構団体信用生命保険は住宅金融支援機構が住宅ローン「フラット35」加入者に対して提供している保険です。機構団体信用生命保険では、保障は最長で満80歳の誕生日が属する月の末日まで続きます。全国300以上の金融機関と連携しており、平成27年3月31日現在で約150万人の方が加入しています。なお、機構団体信用生命保険への加入は任意となっており、ローンとは別に保険料の支払いが必要です。

信用保証協会団体信用生命保険(保証協会団信)

信用保証協会団体信用生命保険は、一般社団法人全国信用保証協会連合会が提供している保険です。信用保証協会団体信用生命保険では、機構団信と同様に、団体信用生命保険への加入は任意となっており、ローンの金利とは別に保険料を、年齢にかかわらず一律に、年払い(掛け捨て)で負担するものとなっています。

中央労働銀行団体信用生命保険(ろうきん団信)

労金団信は中央労働銀行が提供している保険です。中央労働銀行は労働組合や生協などの出資によって創設された協同組織の金融機関です。労金団信は中央労働銀行の住宅ローンに付保されており、任意加入の機構団信や保証協会団信とは異なり、いわゆる強制加入となります。そのため、保険料はローン返済の金利の中に含まれており、金利に保険料の相当額が上乗せされることはありません。

一般金融機関の団体信用生命保険

以上三つのほかにも、住宅をローン付きで購入する消費者に対して、さまざまな金融機関がローンの融資と合わせて団体信用生命保険を提供しています。このような団体信用生命保険では、労金団信同様、加入は任意ではなく、住宅ローンの加入と合わせての加入となります。

団体信用生命保険の保障内容

団体信用生命保険はさらに、どのような時に保障がなされるかによって分けることができます。具体的な適用範囲はどの保障を選ぶかによって異なります。団体信用生命保険の保障内容には大きく分けて以下のようなタイプがあります。

死亡時・高度障害保障

被保険者が死亡または団体信用生命保険を提供している会社または機構・団体が定める高度障害になり住宅ローンの返済が困難になった場合に、残りの住宅ローンを全額弁済する制度です。

三大疾病保障

三大疾病保証は死亡・所定の高度障害状態のほか、 がん・急性心筋梗塞・脳卒中の3大疾病が原因で被保険者による住宅ローンの返済が困難になった場合に、残りの住宅ローンを全額弁済する制度です。

七大疾病保障

団体信用生命保険において補償の対象とされる疾病数をさらに拡大したのが七大疾病保証です。がん・急性心筋梗塞・脳卒中に糖尿病、高血圧疾患、肝疾患、腎疾患を加えたものを七大疾病と言います。七大疾病保証は、死亡・所定の高度障害状態のほか、七大疾病が原因で住宅ローンの返済が困難になった場合に残りの住宅ローンを全額弁済する制度です。

このほかにも、にさらに慢性膵炎を加えた八大疾病を対象とするものもあります。また、オプションの保険金として、特約保険金の保障を用意している会社もあり、具体的には、余命6カ月以内と診断されたときに支払われるリビングニーズ特約保険金、がんと診断確定され、すべての治療を受けたが効果がなかったなどと判断されたときに支払われる重度がん保険金前払特約、先進医療による療養を受けたときに支払われる先進医療給付金などがあります。

団体信用生命保険ではさまざまな保険と同様に、保障内容が増えるにつれて月々のローンの返済と共に支払う保険金の金額は増えますが、より手厚いサポートを受けられるようになります。消費者のニーズに合わせてさまざまな団体信用生命保険があるため、自身のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

団体信用生命保険のそのほかの特徴

上で述べたように、団体信用生命保険は、ローンを融資する金融機関が団体として保険会社と契約する保険であり、金融機関から住宅ローンを借入した消費者は保険料を保険会社ではなく金融機関に支払うというのが特徴です。また団体信用生命保険における保険料・特約料は、年末調整や確定申告の所得控除(生命保険料控除)の対象になりません。

さらに、団体信用生命保険には、夫婦で連帯責任者になることができる保険があります。このタイプの保険では、夫婦のどちらか一方の加入者が死亡または所定の高度障害状態になった場合に住宅の持分や返済額等に関わらず、残りの住宅ローンが全額弁済されます。そのため、住宅ローンが万が一の事態によって返済できなくなるリスクを夫婦で分担することが可能です。さらに、

※団体信用生命保険に関する注意点

団体信用生命保険では、被保険者が以下のような事由に該当する場合は保険金の支払いを受けることができないことがあります。

  • 保障開始日から1年以内に自殺したとき

    被保険者の故意により高度障害状態になったとき

    保険契約者または保険金受取人の故意により死亡または高度障害状態になったとき

    戦争、そのほかの変乱により死亡または高度障害状態になったとき

    保障開始日よりも前に発生した傷害または疾病を原因として高度障害状態になったとき

    夫婦で連帯責任者となっている際に、いずれかの故意により他方が死亡または高度障害状態になったとき

団体信用生命保険の保険料

団体信用生命保険では、ある時点で支払う保険料はその時点での住宅ローンの残金に比例しています。そのため、返済していくにつれて保険料は下がっていきます。また、保証を受けられる範囲が広がるにつれて、一般的に保険料は比例して高くなっていきます。実際に団体信用生命保険にどれくらい払うことになるのかを、機構団体信用生命保険を例として、見ていきましょう。

例 機構団体信用生命保険に借入金(=契約時点でのローンの残金)1,000万円、一人で加入した場合(単位:円)

返済期間

総支払額

1年目

5年目

15年目

25年目

35年目

15年

294,900

35,800

27,200

1,600

25年

511,400

35,800

31,600

18,700

1,100

35年

745,400

35,800

33,500

25,700

15,100

900

 

例:三大疾病保障付き機構団体信用生命保険に借入金1,000万円、一人で加入した場合(単位:円)

返済期間

総支払額

1年目

5年目

15年目

25年目

35年目

15年

450,100

54,700

41,500

2,500

25年

781,400

54,700

48,300

28,500

1,700

35年

1,138,900

54,700

51,100

39,200

 23,100

1,400-

上記の具体例のように、団体信用生命保険では返済してゆくにつれて保険料は下がりますが、住宅ローンの返済期間が長くなるにつれて支払う保険料の総額は次第に高くなっていきます。また、当然のことながら、三大疾病保障をつけた場合はそうでない場合よりも、保険料が1.5倍程度になっていることがわかります。

収入保障保険は団体信用生命保険の代わりになる?

死亡や病気になり、住宅ローンの返済が困難になった時の保障として、収入保障保険を団体信用生命保険の代わりとすることもできます。ここからは、その収入保障保険について解説します。以上で説明した幾つかの種類の団体信用生命保険と比較しながら、予算や自身のライフプランを考え、自分に合ったものを選びましょう。

収入保障保険とは?

収入保障保険は、被保険者が死亡または高度障害状態になった場合に保障を受けられる定期保険です。保険金は一括で受け取るのではなく、あらかじめ決められた保険金を分割して長期間に渡って受け取ることができるのが特徴です。そのため、収入保障保険に加入していると、万が一就業できなくなった際でも保障を給料のように受け取ることで収入とすることができるようになります。また、非喫煙者や健康な方には保険料の割引があるため、月々の保険料の支払い額が安くなります。

 

収入保障保険のメリットとは?

収入保障保険では、被保険者が死亡した場合や高度障害状態によって長期就業不能になった場合だけでなく、がん・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病や肝硬変などで就業不能状態になった場合や、うつ病や睡眠障害、胃潰瘍や更年期障害などのストレス性の疾病によって長期入院することになってしまった場合でも保障を受け取れることがあります。加えて、契約時に持病があっても加入できることがあったり、死亡保険金の受け取り方を一括または分割のどちらにするのかを選択できたりする場合が多くあります。そのため、ライフスタイル、ニーズに合わせて柔軟に保障内容を選ぶことが可能です。

収入保障保険のデメリットとは?

収入保障保険は文字通り“収入を保障”する保険であるため、ローン返済を直接に保障するものではありません。よって、収入保障保険による保障をローン返済に充てる際には、支払われる保険金を用いて、自分で返済を行う必要があります。また、収入保障保険はいわゆる「掛け捨て型」の保険です。つまり収入保障保険では終身保険とは異なり保障期間が決まっており、その期間内に万が一死亡または高度障害状態になった際には保険金を受け取ることができますが、保障期間外に不測の事態が起きたとしても、保険金を受け取ることができません。よって、保険料を払い続けたとしても、万が一の事態に備えているという安心材料はあるものの、何らかの保障が受けられるとは限りません。

まとめ

万が一の事故や病気の際には、病院選びや医療費の負担など、さまざまな悩みが出てきます。そんな時、もし住宅ローンの返済が途中になっていた場合、返済が困難になるという問題にも直面してしまうことになります。そのような場合に救世主となるのが団体信用生命保険です。住宅ローン契約時に団体信用生命保険に加入していれば、万が一の事態が起きてローンを返済するのが難しくなってしまったとしても、ローンは金融機関側が肩代わりしてくれます。また、団体信用生命保険だけでなく、収入保障保険も万が一の際に収入を得るための手段となります。いずれもさまざまな保障内容にさまざまな種類があるため、ライフスタイルに合わせて選択することができます。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

おすすめ保険情報

カテゴリー一覧