いくらもらえる?5分でわかる年金制度と将来の受給額

  • お 金
  • share
  • Tweet
  • LINE

将来年金はいくらもらえるのか。老後の資金計画の重要性からも、年代を問わず多くの人にとって関心が高いのではないでしょうか。ここでは日本の年金制度の基本と、将来もらえる年金額の目安をわかりやすく説明します。

すっきり解説!日本の年金制度

現在日本の公的年金には、国民年金(基礎年金)と厚生年金の「2種類」があります。以前は共済年金もありましたが、2015年10月1日に施行された「被用者年金一元化法」により厚生年金に統一されました。

国民年金(基礎年金)とは、日本国内に住所がある20~60歳未満のすべての人が加入しなければならない年金です。加入者(被保険者)は第1号、第2号、第3号と3種類に分けられます。厚生年金に加入する会社員や公務員などが第2号被保険者、その配偶者で第2号被保険者に扶養されている20歳から60歳未満の人が第3号被保険者、どちらにも当てはまらない自営業者やその配偶者、20歳以上の学生などが第1号被保険者です。
なお保険料は、第1号被保険者は個人で納付しますが、第2号被保険者は毎月の給与から天引きされます。第3号被保険者は保険料の支払いはありません。その保険料は厚生年金制度全体で負担しています。

また、日本の年金制度は「3階建て」構造といわれています。第1号から第3号被保険者まで全員が加入する国民年金(基礎年金)が「1階」、それに上乗せして第2号被保険者が加入する厚生年金が「2階」、さらに勤め先によってさらに上乗せされる企業年金(厚生年金基金や確定拠出年金など)や年金払い退職金給付が「3階」に該当します。
第1号被保険者には2階、3階がありませんが、任意で国民年金基金に加入して年金額を増やせます。なお、第3号被保険者も同じく2階、3階部分はありませんが、国民年金基金に加入はできません。

今すぐ知りたい!将来もらえる年金額

公的年金制度の基本がわかったところで、将来もらえるおおよその年金額をみていきましょう。

第1号・第3号被保険者

第1号と第3号被保険者が受け取れる年金は、基本的に国民年金(基礎年金)部分のみです。仮に20歳から60歳になるまでの40年間国民年金(基礎年金)に加入して、きちんと保険料を納めていた場合の年金額は、満額で77万9,300円(2017年4月現在)です。未加入期間や未納期間があると、その期間の長さに応じて減額されます。なお、第3号被保険者の制度は1986年に始まった制度です。それ以前から会社員などの妻であった人で国民年金(基礎年金)に任意加入していないと、未加入期間があるとみなされ、満額をもらえない可能性があります。

第2号被保険者

第2号被保険者が国民年金(基礎年金)に加えて受け取ることのできる厚生年金の額は、以下の計算式で概算できます。

厚生年金受取額=平均月収×国民年金法で定める乗率×加入期間

現役時代の月収や勤務年数などによって個々に異なるため、目安を出すのは難しいですが、厚生労働省年金局の資料によれば、2015年度末現在で国民年金(基礎年金)を含めて平均は177万4,464円です。

3つのモデルケースでみる世帯年金額の合計

個人が将来受け取ることのできるおおよその年金額はわかりましたが、実際に生活をするうえで、実際世帯でいくらもらえるかを知っておく必要があります。次の3つのモデルケースについて、それぞれの世帯における年金額の合計をみてみましょう。

年金額の基本的な計算式

まずは計算式を紹介します。被保険者の生年月日や受給開始の年齢、家族構成などによりさらに別の計算式が必要な場合がありますが、ここではごく基本的なパターンを想定しています。正確な年金額を知りたいときは、ねんきん定期便やねんきんネットのご利用をおすすめします。

  • 国民年金(基礎年金)
    満額77万9,300円×保険料を納付した月数÷480月(40年×12月)
  • 厚生年金
    平成15年3月までの賞与を含まない平均月収×1000分の7.125×平成15年3月までの加入期間の月数+平成15年4月以降の平均月収×1000分の5.481×平成15年4月以降の加入期間の月数

なお、1円未満の端数は四捨五入で処理することを国民年金法で定めていますので、モデルケースの計算でもそれに準じています。また、いずれのケースも原則の65歳からの支給と仮定します。

ケース1 夫婦ともに国民年金(基礎年金)のみに加入

夫 1972年生まれの45歳 大学卒業後、実家の自営業を継承。大学在学中の20〜22歳の2年間は学生納付特例制度の申請をし、卒業後にその間の保険料を追納。60歳までは保険料を払い続ける予定。
妻 1974年生まれの43歳 短大卒業と同時に結婚、現在も専業主婦。20歳から保険料の未納期間はなし。60歳まで払い続ける予定。

1)夫の年金額
・国民年金(基礎年金)  満額の77万9,300円

2)妻の年金額
・国民年金(基礎年金)  満額の77万9,300円

3)世帯の年金額の合計
1)+ 2)=155万8,600円

ケース2 夫が厚生年金、妻が主に国民年金(基礎年金)に加入

夫 1971年生まれの46歳 大学卒業後、一般企業に就職。大学在学中の20〜22歳の2年間は国民年金(基礎年金)未加入。60歳定年まで働き続ける予定。平成15年3月までの賞与を含まない平均月収30万円、平成15年4月以降の平均月収40万円。
妻 1974年生まれの43歳 短大卒業後、一般企業に就職。2年後結婚を機に退職。現在、扶養範囲内でパートで働いている。平成15年3月までの賞与を含まない平均月収20万円。

1)夫の年金額
・国民年金(基礎年金) 77万9,300円×456月÷480月=74万335円

・厚生年金 30万円×1000分の7.125×120月+40万円×1000分の5.481×336月=99万3,146円

計173万3,481円
2)妻の年金額
・国民年金(基礎年金) 満額77万9,300円

・厚生年金 20万円×1000分の7.125×24月=3万4,200円

計81万3,500円
3)世帯の年金額の合計
1)+ 2)=254万6,981円

ケース3 単身 厚生年金に加入

女性1人の単身世帯 1974年生まれの43歳 大学卒業後、一般企業に就職。大学在学中の20〜22歳の2年間は保険料未納。学生納付特例制度の申請も保険料の追納はせず。60歳定年まで働き続け、国民年金(基礎年金)を満額もらうため、定年後2年間任意加入する予定。平成15年3月までの賞与を含まない平均月収20万円、平成15年4月以降の平均月収30万円。

本人(世帯)の年金額
・国民年金(基礎年金) 満額77万9,300円

・厚生年金 20万円×1000分の7.125×84月+30万円×1000分の5.481×372月=73万1,380円

国民年金(基礎年金)+厚生年金=151万680円

もらえる年金額を間違いなくもらうため、必要な手続きをチェック!

上のモデルケースにおいて、ケース1とケース2の夫は1歳違うだけですが、国民年金(基礎年金)の手続きをきちんとしている、していないにわかれます。実は、1991年3月以前に学生だった人は国民年金(基礎年金)への加入は任意であり、学生が強制加入になったのは1991年4月以降です。
強制加入後に20歳を迎えたケース1の夫は日本年金機構から通知があり、手続きを忘れなかったのでしょう。1991年3月以前に学生で20歳を迎えた人は一度確認することをおすすめします。

これ以外にも必要な手続きをしなければ、年金額が減額されることがあります。本来もらえるべき年金を、手続きを忘れてもらえないという事態は絶対に避けたいものです。

数ある手続きのうち、忘れがちなものを紹介しますので、ぜひチェックしてください。手続きの際に必要な各種届出書は、ねんきんネットでダウンロードができます。

  • 20歳になったら…20歳の誕生月の前月ごろに日本年金機構より送付される「国民年金被保険者資格取得届書」に必要事項を記載し、住民登録をしている自治体の役所もしくは年金事務所に提出します。なお、経済的な理由で保険料の納付が難しい人のために、納付猶予制度や学生納付特例制度があります。利用する場合は日本年金機構のWEBサイトで必要な書類を確認し、役所や年金事務所で手続きをしましょう。

    支給開始年齢になったら…その3カ月前ごろに「年金請求書」が届きます。開始年齢に到達したら、年金請求書と、戸籍抄本や住民票などの生年月日を証明するもの、本人名義の金融機関の通帳、印鑑など必要な書類を持って、年金事務所もしくは年金相談センターで手続きを行いましょう。

    被保険者の種別が変更になったら…会社を辞めて自営業者になった、配偶者が会社員でなくなり第3号被保険者から外れた、あるいはパートの収入が増えて扶養から外れたなどといった場合は、第2号被保険者あるいは第3号被保険者から第1号被保険者に変更になります。年金手帳と印鑑など必要な書類を持って、住民登録をしている自治体の役所もしくは年金事務所で手続きをしましょう。

そのほか、氏名変更や住所変更したとき、追納したいとき、海外で年金を受け取りたいときなど、さまざまなシーンで手続きが必要です。詳しくは日本年金機構のウェブサイトで確認できます。

まとめ

日本の年金制度の3階建て構造および年金を受給する3種類の被保険者についての説明と、将来年金をいくら受給できるかモデルケース別金額を紹介しました。また、年金は手続きを怠るともらえないので、手続きのチェック方法も解説しています。老後の大切な生活資金ですので、確実にもらえるようにしてください。

    SNSシェアしよう!

  • share
  • Tweet
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧